Version 1.0.2
噴火推移DBトップ | 噴火推移を比較する | VUCについて

Photo of the volcano
噴火開始から約18時間後,減衰した噴煙活動の様子
作成者: Center for Volcanology and Geological Hazard Mitigation of Indonesia, ライセンス: CC BY-ND-NC 4.0

ケルート
2014年噴火

Kelud 2014 Eruption
  • 発生地域: インドネシア
  • ジャワ島
  • 噴火規模: VEI 4
  • ※VEIはスミソニアン博物館GVP (Global Volcanism Program)による

    0.22 km3 bulk

    最高噴煙高度: 17-26? km

  • マグマ組成: 安山岩質
  • 噴火トレンド: 減衰型
火山の位置(厳密な火口の位置を示すものではない).テフラ等層圧線はMaeno et al. (2017)を改変.

主要な噴出物等

  • 降下火砕物
  • あり

  • 火砕流
  • あり

外部リンク:

米スミソニアン博物館 Volcanoes of the World: Kelut

噴火の全体的な推移

カーソルを合わせると詳細が表示される.噴出率(MER)はHargie et al. (2019)が笠雲の拡大速度から求めたもの.火山活動の強度を示す縦軸にとったVUCの詳細は【こちら】

前兆現象・噴火開始

Hidayati et al. (2019)が溶岩ドームの形成に終わった2007年噴火との比較を交え,各種の前駆的な現象をまとめている.噴火に先立って,前年2013年9月頃に火口湖の湖水温度が5℃上昇するイベントがあった.地震活動は12月初頭に増加があり,1月からは傾斜計の変動も始まった.1月末には更なる湖水温度の上昇と地震活動の激化が起こった.

噴火推移

噴火は2月13日夜に開始した.22:45に火口から6 kmのカメラが弾道噴出物を写し通信途絶,その1分後には火口付近の地震計も通信途絶した (Hidayati et al. 2019).同時刻にはひまわり7号が熱源を観測しているが,その後15分間は比較的静穏だったとみられる (Hargie et al. 2019).23:02に連続微動が開始し(Nakashima et al. 2016),23:09頃にプリニー式噴火がスタート(Hargie et al. 2019),それから2時間半程度継続したとみられる (Maeno et al. 2017).噴煙は西に流れ,翌日3:32には山頂を離れ噴火終了した.笠雲は少なくとも高度17 km,オーバーシュート部分は19 kmに達し,更に火山灰の一部は最高で26 kmまで達した可能性がある (Kristiansen et al. 2015).総噴出量は0.22 km3 bulkであった (Maeno et al. 2017).

日付時刻継続時間(h)VUC内容出典
2013/09/10約4.5ヶ月1約3ヶ月かけて火口湖の水温が5℃上昇Hidayati et al. (2019) JVGR
2013/12/01112月初頭から地震活動の小さな増加Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/01/0111月初頭から傾斜計の変動開始Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/01/15約48時間2群発地震Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/01/23約21日間1更に火口湖の水温が4℃上昇。変色はなし。Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/01/27約24時間2群発地震Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/02約11日間2地震活動が徐々に激化Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/09約96時間2地震活動が山頂下1-4kmと浅くなるHidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/13 21:11約4分間2最初の微動Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/13 21:51約27分間1間欠的から連続的に遷移する繰り返し地震Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/13 22:18約90分間2ハーモニック微動Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/13 22:454火口から6 kmのカメラが弾道放出物を写して通信途絶Maeno et al. (2017) JVGR
2014/02/13 22:464火口付近の地震計通信途絶Maeno et al. (2017) JVGR
2014/02/13 22:464ひまわり7号が初めて高温部を検出Hargie et al. (2019) JVGR
2014/02/13 22:46約15分間2爆発後の15分間の静穏Hargie et al. (2019) JVGR
2014/02/13 23:024連続微動の開始Nakashima et al. (2016) EPSL
2014/02/13 23:09約2.5時間5噴煙のバックプロジェクションから想定される噴火開始時間(1分後に最初の噴煙が衛星画像に捉えられる)Hargie et al. (2019) JVGR
2014/02/13 23:404殆どの地震計が通信途絶Hidayati et al. (2019) JVGR
2014/02/14 00:325笠雲の直径が200 kmを超えるMaeno et al. (2017) JVGR
2014/02/14 03:322ひまわり7号観測における噴煙の広がりが噴火地点から離れるMaeno et al. (2017) JVGR
2014/02/14 00:00約8.0日間2連続微動の継続Hidayati et al. (2019) JVGR
噴火推移のイベント一覧.時間は全て現地時刻.

長期的活動推移

Keludは極めて活動的なジャワ島の安山岩質の成層火山であり,火砕噴火と溶岩ドームの形成およびその両方を主な噴火様式としている.1548年以降8回のVEI-4以上の爆発的噴火を繰り返し,うち最近の5回は1919, 1951, 1966, 1990, 2014年と近年に多い.20世紀以降の噴火ではカルデラ湖決壊によるラハールの被害が大きく,トンネルの建設により水量の削減が図られている.

引用文献

Hargie, K.A., Van Eaton, A.R., Mastin, L.G., Holzworth, R.H., Ewert, J.W., Pavolonis, M., 2019. Globally detected volcanic lightning and umbrella dynamics during the 2014 eruption of Kelud, Indonesia. J. Volcanol. Geotherm. Res. 382, 81–91. https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2018.10.016

Hidayati, S., Triastuty, H., Mulyana, I., Adi, S., Ishihara, K., Basuki, A., Kuswandarto, H., Priyanto, B., Solikhin, A., 2019. Differences in the seismicity preceding the 2007 and 2014 eruptions of Kelud volcano, Indonesia. J. Volcanol. Geotherm. Res. 382, 50–67. https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2018.10.017

Kristiansen, N.I., Prata, A.J., Stohl, A., Carn, S.A., 2015. Stratospheric volcanic ash emissions from the 13 February 2014 Kelut eruption. Geophys. Res. Lett. 42, 588–596. https://doi.org/10.1002/2014GL062307

Maeno, F., Nakada, S., Yoshimoto, M., Shimano, T., Hokanishi, N., Zaennudin, A., Iguchi, M., 2017. A sequence of a plinian eruption preceded by dome destruction at Kelud volcano, Indonesia, on February 13, 2014, revealed from tephra fallout and pyroclastic density current deposits. J. Volcanol. Geotherm. Res. https://doi.org/10.1016/j.jvolgeores.2017.03.002

Nakashima, Y., Heki, K., Takeo, A., Cahyadi, M.N., Aditiya, A., Yoshizawa, K., 2016. Atmospheric resonant oscillations by the 2014 eruption of the Kelud volcano, Indonesia, observed with the ionospheric total electron contents and seismic signals. Earth Planet. Sci. Lett. 434, 112–116. https://doi.org/10.1016/j.epsl.2015.11.029