Version 1.0.2
噴火推移DBトップ | 噴火推移を比較する | VUCについて

Photo of the volcano
噴火開始から1ヶ月弱経った5/26に撮影された,溶岩ドームの様子.
作成者: Jeff Marso, ライセンス: Public Domain

チャイテン
2008年噴火

Chaiten 2008 Eruption
  • 発生地域: チリ
  • アンデス南部火山帯(SVZ)
  • 噴火規模: VEI 4
  • ※VEIはスミソニアン博物館GVP (Global Volcanism Program)による

    0.3 km3 DRE (テフラ) + 0.8 km3 (溶岩)

    最高噴煙高度: >20 km

  • マグマ組成: 流紋岩質
  • 噴火トレンド: 多峰型
火山の位置(厳密な火口の位置を示すものではない).テフラ等層圧線はAlfano et al. (2010)を改変.

主要な噴出物等

  • 降下火砕物
  • あり

  • 火砕流
  • あり

  • 溶岩
  • ピーク後,溶岩ドームの形成

外部リンク:

米スミソニアン博物館 Volcanoes of the World: Chaiten

噴火の全体的な推移

カーソルを合わせると詳細が表示される.火山活動の強度を示す縦軸にとったVUCの詳細は【こちら】

前兆現象・噴火開始

噴火の概要はMajor and Lara (2013)にまとめられている.2008年時点では,Chaitenが活動的な火山とは見なされていなかったために近傍に観測機器は設置されていなかった.最初の異変は噴火開始の僅か24時間前に8 km離れたChaitenの町で感じられた有感地震であった.

噴火推移

2008年5月1日未明から有感の地震活動が始まり,2日午前1時にChaitenの街で弱い降灰が始まった.午前8時には噴煙高度20 km超のプリニー式噴火に発達するが,午後には火砕流を流下させながら一旦活動は弱まった.その3日夕,6日昼過ぎ,8日未明にもそれぞれ噴煙高度20 kmクラスのプリニー式噴火を断続的に繰り返した.8日からは特徴的なハイブリッド型地震と長周期低周波地震が捉えられるようになり,溶岩ドームの成長が始まったとみられている.12日に爆発的噴火活動はほぼ終了し,その後10月頃まで溶岩ドームがexogeneousに成長した.Endogenousな成長まで含めると,全ての活動が終息するのに2010年初頭までかかった可能性がある.一連の噴火は無斑晶質の73-76% SiO2流紋岩質マグマにより,爆発的噴火活動による噴出量は1.0 km3 (0.3 km3 DRE),その後成長した溶岩ドーム体積は0.8 km3であった.

日付時刻継続時間(h)VUC内容出典
2008/05/01 00:00約60分間2Chaiten市街で有感の地震Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/01 00:00約30時間215回の火山構造性地震(VT)Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/01 19:582M3.5の地震。噴火開始?Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/02 01:004Chaiten市街で弱い降灰Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/02 08:00約6.0時間6プリニー式噴火の噴煙柱。最高高度20 km以上。Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/02 14:004かつての溶岩ドームを割って2つの火口が形成されている様子が観察されるMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/02 16:004火砕流が北と北東に流下Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/03約48時間4継続的な火山灰の放出、高度~10 km MODIS衛星と目視からMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/03約24時間5細粒火山灰の放出、高度~12 km CALIPSO衛星からMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/03 18:156爆発的な噴煙柱、高度17-20 kmが目撃Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/06 12:006爆発的な噴煙柱、高度30 kmと目撃されるが実際は20 km程度、時間にずれありMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/06 13:306爆発的な噴煙柱、高度30 kmと目撃されるが実際は20 km程度、時間にずれありMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/074噴煙柱 CALIPSO衛星から推定 7-10 kmMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/07 20:00約1.6時間5噴煙柱 目視推定 10-20 kmMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/08 03:306爆発的噴火 GOES衛星から20-22 kmと推定Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/08 11:15約8.0時間4小規模な火砕流が東麓へ流下Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/085噴煙高度~16 km CALISPO衛星によるMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/08約96時間3ハイブリッド型地震と長周期低周波地震の出現。溶岩噴出開始はこの頃か。Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/09 16:00約4.0時間4小規模な火砕流が東麓へ流下、噴煙高度8 kmMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/123爆発的噴火活動の低下、噴煙高度は4.5 km以下になって消失Major and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/213旧溶岩ドームの北側に新溶岩ドームが目撃されるMajor and Lara (2013) Andean Geology
2008/05/21約4.0ヶ月3溶岩ドームの成長Major and Lara (2013) Andean Geology
2008 10月約4.0ヶ月3溶岩ドームのスパインの形成と内部的成長Major and Lara (2013) Andean Geology
2009 3月約10.0ヶ月3溶岩ドームの内部的成長が2010年初頭まで継続?Major and Lara (2013) Andean Geology
噴火推移のイベント一覧.時間は全て現地時刻.

長期的活動推移

Chaitenはアンデス南部火山帯(SVZ)に属する火山であり,直径2.5 kmのカルデラとその内部の後カルデラ溶岩ドームにより構成されている.厚い植生・辺鄙な位置・近傍のMichinmahuida火山との混同により2008年の噴火まではその噴火史は殆ど分かっていなかったが,その後の調査により完新世の間に5回の爆発的噴火を行う当該地域で最も活動的な火山の一つであることが明らかとなった(Watt et al. 2013).噴出物はいずれの活動も組成的に均質な無斑晶質の流紋岩であり,アンデスの火山群で最も南に位置する珪長質活動の一つである(Major and Lara, 2013).中でも最大のものは5 kaに噴出したMic2ないしはCha2と呼ばれるテフラ(約3-4.7 km3)である(Amigo et al. 2013).最新の噴火は17世紀とみられ,同時期に描かれた地図に現れる火山に対比される(Lara et al. 2013).

2008年噴火の際にWicks et al. (2011)はJAXAのだいち衛星によるInSAR観測から変動源モデリングを行い,同噴火を引き起こしたマグマが近傍のMichinmahuia火山の直下から側方に移動してChaiten火山から噴火したと推定した.このダイクの更に西方延長にはMorro Vilcumを初めとする年代不詳の流紋岩質溶岩が知られており,Chaitenがそれ自身で完結しないMichinmahuia-Chaiten Volcanic Complexとしての性格がつよいことを示唆している.

引用文献

Alfano, F., Bonadonna, C., Volentik, A.C.M., Connor, C.B., Watt, S.F.L., Pyle, D.M., Connor, L.J., 2011. Tephra stratigraphy and eruptive volume of the May, 2008, Chaitén eruption, Chile. Bull. Volcanol. 73, 613–630. https://doi.org/10.1007/s00445-010-0428-x

Castro, J.M., Dingwell, D.B., 2009. Rapid ascent of rhyolitic magma at Chaitén volcano, Chile. Nature 461, 780–783. https://doi.org/10.1038/nature08458

Lara, L.E., Moreno, R., Amigo, Á., Hoblitt, R.P., Pierson, T.C., 2013. Late Holocene history of Chaitén Volcano: New evidence for a 17th century eruption. andgeo 40. https://doi.org/10.5027/andgeoV40n2-a04

Major, J.J., Lara, L.E., 2013. Overview of Chaitén Volcano, Chile, and its 2008-2009 eruption. Andean Geology 40, 196–215. https://doi.org/10.5027/andgeoV40n2-a01

Pallister, J.S., Diefenbach, A.K., Burton, W.C., Muñoz, J., Griswold, J.P., Lara, L.E., Lowenstern, J.B., Valenzuela, C.E., 2013. The Chaitén rhyolite lava dome: Eruption sequence, lava dome volumes, rapid effusion rates and source of the rhyolite magma. Andean Geology 40, 277–294. https://doi.org/10.5027/andgeoV40n2-a06

Watt, S.F.L., Pyle, D.M., Mather, T.A., 2013. Evidence of mid- to late-Holocene explosive rhyolitic eruptions from Chaitén Volcano, Chile. Andean Geology 40, 216–226. https://doi.org/10.5027/andgeoV40n2-a02

Watt, S.F.L., Pyle, D.M., Mather, T.A., Martin, R.S., Matthews, N.E., 2009. Fallout and distribution of volcanic ash over Argentina following the May 2008 explosive eruption of Chaitén, Chile. J. Geophys. Res. [Solid Earth] 114. https://doi.org/10.1029/2008JB006219

Wicks, C., de la Llera, J.C., Lara, L.E., Lowenstern, J., 2011. The role of dyking and fault control in the rapid onset of eruption at Chaitén volcano, Chile. Nature 478, 374–377. https://doi.org/10.1038/nature10541