Version 1.0.2
噴火推移DBトップ | 噴火推移を比較する | VUCについて

Photo of the volcano
噴火の3ヶ月後,10/27に撮影されたヴァトナ氷床に残された火口痕.
作成者: Henrik Thorburn, ライセンス: CC BY-SA 3.0

グリムズヴォトン
2011年噴火

Grimsvotn 2011 Eruption
  • 発生地域: アイスランド
  • アイスランド東部火山帯(EVZ)
  • 噴火規模: VEI 4
  • ※VEIはスミソニアン博物館GVP (Global Volcanism Program)による

    0.2-0.3 km3 DRE (テフラ)

    最高噴煙高度: 20 km

  • マグマ組成: 玄武岩質
  • 噴火トレンド: 減衰型
火山の位置(厳密な火口の位置を示すものではない).

主要な噴出物等

  • 降下火砕物
  • あり

  • 溶岩
  • なし

外部リンク:

米スミソニアン博物館 Volcanoes of the World: Grimsvotn

噴火の全体的な推移

カーソルを合わせると詳細が表示される.噴出率(MER)はMarzano et al. (2013)によるレーダー観測から求められたMass Discharge Rate (m3/s)から換算.火山活動の強度を示す縦軸にとったVUCの詳細は【こちら】

前兆現象・噴火開始

1996年には山頂から10 km離れた隣接するBardarbungaとGrimsvotnの間の氷底でGjálp割れ目噴火が起き,氷の中に比高400 mのハイアロクラスタイトのリッジを形成した(Gudmundsson et al. 2005).山頂での噴火はマグマ水蒸気噴火が多く,近年はいずれも南カルデラにE- W走向で1 km程度伸びる割れ目沿いで起きている(1934, 1983, 1998, 2004年噴火). 大規模だった2011年噴火も同様の割れ目沿いで起こったが,このような爆発的な噴火は1873年以来であった.

噴火推移

2011/05/21 17:50 UTC頃に~M3.1の地震活動が始まったが,その後微動振幅にかき消されてしまった.噴火はハーモニック微動が現れたとみられる19:00 UTC頃に氷底噴火として始まったと推定されているが(Hreinsdottir et al. 2014),まもなく200 m以上ある氷冠を破って大気中に達した.21:00 UTCの時点で噴煙柱は65,000 ft (20 km)に達した.火口は2004年噴火と同じ南カルデラ南西端であった.およそ30時間後,徐々に変動が落ち着いてきた傾斜計とGPSと同期して噴煙高度は9 km未満になった.天候が悪かった24日を挟んで噴煙高度は5 km程度になった.28日6:30 – 7:00 UTCにかけて微動は急激に衰え消滅した.30日には噴火が終わっていることが現地調査により確認された(Icelandic Met Office, 2011).一連の噴煙は2010年のEyjafjatollajokullの噴火をうけて国際民間航空機関の要請で設置されていたイタリア市民保護局の可搬型レーダーにより80 km地点から精密観測された(Marzano et al. 2013).噴出物の総量は0.2-0.3 km3 DREと推定されている(Gudmundsson et al. 2012 EGU).

日付時刻継続時間(h)VUC内容出典
2011/05/21 17:50約60分間2地震活動 ~M3.1Hreinsdottir et al. (2014)
2011/05/21 19:004ハーモニック微動の出現。氷底噴火開始Hreinsdottir et al. (2014)
2011/05/21 21:00約30時間6噴煙柱高度20 km。およそ30時間継続。Icelandic Met Office (2011)
2011/05/23 03:004<9 kmの噴煙高度。Global Volcanism Program (2011)
2011/05/254Icelandic MetOffice調査団が火口を調査。火山灰の噴煙は停止していたが、噴気は間欠的に暴噴。Global Volcanism Program (2011)
2011/05/264水蒸気爆発が継続Global Volcanism Program (2011)
2011/05/28 07:000連続微動の停止Hreinsdottir et al. (2014)
2011/05/300アイスランド氷雪学会春季探検調査団が火口を調査。噴火が終わっていることを確認。Global Volcanism Program (2011)
噴火推移のイベント一覧.時間は全て現地時刻.

長期的活動推移

GrímsvötnはアイスランドのEastern Volcanic Zone (EVZ)に位置する,リフトゾーンへマグマを供給している中心火山(Central Volcano)の一つである.アイスランド・ホットスポットのマントルプリュームの直上に位置しており,歴史時代を通じてほぼ10年に1回というアイスランドで最も高頻度で噴火してきた火山でもある(Gudmundsson, 2000).NE-SW方向に延びるリフトゾーンも数多くの噴火を引き起こしており,Laki 1783年噴火が特によく知られている.山頂には直径3- 5 km,比高200 mのカルデラが3つあり,地熱活動によってそれを覆っているヴァトナ氷冠(Vatnajökull)の下に氷底湖を作り出している.この氷底カルデラ湖は,地熱活動の高まりに応じて頻繁に溢れ出しヨークルフロイプを引き起こしている(Gudmundsson et al. 2005).カルデラ縁深さ1- 2 km付近では微小地震活動が見られ,地震波の伝播経路から地下3 km付近にマグマだまりの天井があると考えられている(Alfaro et al. 2007).非常に高いマグマ生産率(0.01-0.11 km3/yr)があると考えられており, 恒常的なcm/yオーダーの山体隆起と噴火による急激な沈降を繰り返している(Sturkell et al. 2003; Reverso et al. 2014).

引用文献

Alfaro, R., Brandsdóttir, B., Rowlands, D.P., White, R.S., Gudmundsson, M.T., 2007. Structure of the Grímsvötn central volcano under the Vatnajökull icecap, Iceland. Geophys. J. Int. 168, 863–876. https://doi.org/10.1111/j.1365-246X.2006.03238.x

Global Volcanism Program | Report on Grimsvotn (Iceland) — November 1998 [WWW Document], n.d. URL https://volcano.si.edu/showreport.cfm?doi=10.5479/si.GVP.BGVN199811-373010 (accessed 3.2.20).

Gumundsson, M.T., 2005. 6. Subglacial volcanic activity in Iceland, in: Caseldine, C., Russell, A., Harđardóttir, J., Knudsen, Ó. (Eds.), Developments in Quaternary Sciences. Elsevier, pp. 127–151. https://doi.org/10.1016/S1571-0866(05)80008-9

Gudmundsson, M.T., Höskuldsson, Á., Larsen, G., Thordarson, T., Oladottir, B.A., Oddsson, B., Gudnason, J., Högnadottir, T., Stevenson, J.A., Houghton, B.F., McGarvie, D., Sigurdardottir, G.M., 2012. The May 2011 eruption of Grímsvötn. Presented at the EGU General Assembly 2012, p. 12119.

Hreinsdóttir, S., Sigmundsson, F., Roberts, M.J., Björnsson, H., Grapenthin, R., Arason, P., Árnadóttir, T., Hólmjárn, J., Geirsson, H., Bennett, R.A., Gudmundsson, M.T., Oddsson, B., Ófeigsson, B.G., Villemin, T., Jónsson, T., Sturkell, E., Höskuldsson, Á., Larsen, G., Thordarson, T., Óladóttir, B.A., 2014. Volcanic plume height correlated with magma-pressure change at Grímsvötn Volcano, Iceland. Nat. Geosci. 7, 214–218. https://doi.org/10.1038/ngeo2044

Update on volcanic activity in Grímsvötn [WWW Document], 2011.. Icelandic Meteorological Office. URL https://en.vedur.is/earthquakes-and-volcanism/articles/nr/2180 (accessed 2.27.20).

Marzano, F.S., Picciotti, E., Montopoli, M., Vulpiani, G., 2013. Inside Volcanic Clouds: Remote Sensing of Ash Plumes Using Microwave Weather Radars. Bull. Am. Meteorol. Soc. 94, 1567–1586. https://doi.org/10.1175/BAMS-D-11-00160.1

Reverso, T., Vandemeulebrouck, J., Jouanne, F., Pinel, V., Villemin, T., Sturkell, E., Bascou, P., 2014. A two-magma chamber model as a source of deformation at Grímsvötn Volcano, Iceland. J. Geophys. Res. [Solid Earth], chap. Analytical volcano deformation source models Volcano Deformation 119, 4666–4683. https://doi.org/10.1002/2013JB010569

Sturkell, E., Einarsson, P., Sigmundsson, F., Hreinsdóttir, S., Geirsson, H., 2003. Deformation of Grímsvötn volcano, Iceland: 1998 eruption and subsequent inflation. Geophys. Res. Lett. 30, 147. https://doi.org/10.1029/2002GL016460