はじめにお読みください

概要

本データベースは、主に地震の研究を目的として測定、観測されたデータを中心に,日本国内の地殻応力に関する公開情報を収集し,各種データベース機能を付け加えたものです。今後も、地震研究以外を目的としたデータも含めて、可能な限り収集していく予定です。 地殻応力情報としては,水圧破砕法,応力解放法に代表される 応力の直接測定情報,ボーリングコアを用いた測定情報, 深さ20km以浅の地殻内地震のメカニズム解の情報、応力方位と関係が強い地震波のS波異方性の情報が含まれます。

P軸方位・メカニズム解について

1997年10月2日から2016年5月29日までの気象庁一元化カタログに含まれる深さ20km以浅の地震のメカニズム解(4060件)と水平面からの傾斜角が30°以下のP軸方位(2600件)を採録しています。

収録データの説明と単位はこちらをご覧ください。→説明と単位

応力方位について

地殻内応力方位につきましては、以下の文献・報告をご参照ください。

今西和俊・内出崇彦・大谷真紀子・松下レイケン・中井未里、関東地域の地殻内応力マップ、地質調査研究報告、第70巻、第3号、p. 273–298、 2019
今西和俊・内出崇彦・大谷真紀子・松下レイケン・中井未里(2019)関東地域の地殻内応力マップデータ、地質調査総合センター研究資料集、no. 681、産業技術総合研究所地質調査総合センター, p. 1-4.
今西和俊・内出崇彦・椎名高裕・松下レイケン・中井未里,中国地域の地殻内応力マップの作成、地質調査研究報告、第 72 巻、第 1 号、p. 23–40、2021
今西和俊・内出崇彦・椎名高裕・松下レイケン・中井未里(2021)中国地域の地殻内応力マップデータ、地質調査総合センター研究資料集、no.720、産業技術総合研究所地質調査総合センター, 4p.

応力測定について

掘削坑井を利用した応力解放法,水圧破砕法等によって測定されたデータ,ボーリングコアを利用した測定データ等を各種文献から収集しました。
本データベースでは,全国の大学,研究機関で実施された応力測定データが収録されています。文献としては約40件で,各種学術雑誌や学会予稿集を含みます。

収録データの説明と単位はこちらをご覧ください。→説明と単位
収録論文リストはこちらをご覧ください。→データ

異方性について

鉱物の定方向配列や、微小クラックの定方向配列が媒質中にある場合、その媒質のS波速度には異方性が生じます。これは地震波を用いて「S波スプリッティング」と言う現象として観測できます。本データベースでは全国の大学、研究機関等で観測されてきた、上部地殻の地震にみられた「S波スプリッティング」のデータが取りまとめられております。日本全国のデータを網羅するために、国際、国内学術誌で公表されたものはもちろんのこと、博士、修士、卒業論文等で公表されたものもできる限り収録しています。

収録データの説明と単位はこちらをご覧ください。→説明と単位
収録論文リストはこちらをご覧ください。→データ

活断層について

活断層データベースの活断層セグメント線 (2009-7-23版) をネット上で利用するためにやや簡易化したデータになっています。詳細については活断層データベースをご覧ください。

地震の震央について

気象庁、1923/1/14~2020/12/31、地震年報CD-ROMより。 詳しくは地下構造可視化システムの説明部分をご参照ください。

日本シームレス地質図について

20万分の1日本シームレス地質図®のタイルを利用しています。