最新情報

「起震断層」、「活動セグメント」とは?

活動セグメント
簡易検索


■2021年1月8日
・「震源位置リアルタイム表示」が正常に動作するようになりました。
■2020年11月20日
・起震断層・活動セグメント検索や調査地検索のマップで、空白エリアをクリックした場合、従来は空白の吹き出しが表示されていましたが、吹き出しを表示しないようにしました。
・文献検索の著者欄の検索語について、スペースを認識できるようになりました。
例えば「久野 久」「KOTO B*」等、全角や半角のスペースが含まれていても検索されます。
・書誌情報と図表画面の表に文献番号を追加しました。
・文献検索結果から遷移した場合の調査地一覧画面で、上部に表示される文献情報等にPDFへのリンクを追加しました。
・従来、アクセスが極度に集中した際にサーバがダウンしてしまうことがあったため、対策を実施しました。
■2020年9月11日
・起震断層・活動セグメント検索のページに設定されている気象庁リアルタイム震源については、システム改修のため、現在、震源情報が表示されません。
ご利用いただいているみなさまにはご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。
≫ 詳しくは更新情報をご覧下さい 。

歴史地震を含む主な内陸地震を起こした活断層

・1998年 岩手県内陸北部の地震
雫石盆地西縁活動セグメント
・1995年 兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)
北淡活動セグメント
・1948年 福井地震
金津活動セグメント
・1945年 三河地震
横須賀活動セグメント
深溝活動セグメント
・1943年 鳥取地震
鹿野活動セグメント
・1930年 北伊豆地震
丹那活動セグメント
修善寺活動セグメント
姫之湯活動セグメント

「活動セグメントを全て表示」し、「対応歴史地震」で並べ替えると、さらに歴史を遡る事ができます。

活断層パラメータ別ランキング(Google maps版)

・長さ TOP30
平均変位速度 TOP30
単位変位量 TOP30
平均活動間隔 TOP30
地震後経過率 TOP30
将来活動確率 TOP30
(今後30年以内BPT分布モデル)
将来活動確率 TOP30
(今後30年以内ポアソン過程モデル)

はじめにお読みください

本データベースに収録した情報は、産業技術総合研究所の調査研究の結果と他機関による公表データに基づき、産業技術総合研究所で独自に編集・解釈したものです。したがって、地震調査研究推進本部の評価等とは一致しない場合があります。基図に用いた地図には誤差があり、現況と異なる可能性があります。 また、表示される断層の位置についてははあくまで概略位置であり、場所によっては最大で数百メートルの誤差がある可能性があります。 なお、表示される断層線の幅は、実際の活断層の幅を示すものではありませんので、ご留意下さい。また、本データベースは、これに表示された断層線以外に活断層が存在する可能性を否定するものではありません。
本データベースの基図(ベースマップ)として使用しているグーグルマップの地図の表記は、産総研の公式な見解ではありません。
本データベースを利用して得られた成果に基づいて作成された著作物・ウエブページ等を公表される場合には、著作物・ウエブページ・その他媒体を問わず、本データベースを利用した旨を表記していただきますと共に、本データベーストップページのURLを明記し、可能な限りリンクを張っていただけますようお願い致します。 また本データベースを利用して得られた成果を公表したウエブページのURLをお知らせいただければ、本データベースからのリンクを検討させていただきます。