日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


鬼界 ________ Kikai





火山番号 L01
火 山 名 鬼界
読 み きかい
地 域 南西諸島
旧番号(第四紀火山DB)* 11、11c
火山番号 ** L01
凡例記号 ** Q3a
主な活動期 後期更新世 - 完新世
活動年代・最新活動年 *** カルデラ形成は9万5000年前と7,300年前。後カルデラ活動は約5,200年前以降。
最新噴火:2013年(薩摩硫黄島硫黄岳)
火山の型式・構造 海底カルデラ、複成火山、火砕丘、溶岩ドーム
卓越する岩質 酸性
主な岩石 **** 流紋岩、玄武岩、安山岩
所 在 地(都道府県) 鹿児島(三島): 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 開聞岳
1/5万地形図(国土地理院) 薩摩硫黄島
1/2.5万地形図(国土地理院) 薩摩硫黄島、薩摩竹島
標 高 -
北 緯(世界測地系) 30° 45′ 38″ 
東 経(世界測地系) 130° 21′ 41″
気象庁による活火山名 薩摩硫黄島
災害・噴火記録 1934年9月-11月 海底噴火(東方2km沖):軽石漂流
1934年12月7日-1935年3月:新島出現(海底噴火)、溶岩流出(新硫黄島形成)
1997-2003年 山頂火口内に竪穴状火孔形成・拡大
1998年4月-11月 噴煙:降灰 
1999年5月-8月 噴煙:降灰
2000年1月、3月、10月-12月 噴煙:降灰
2001年2月、4-12月 噴煙:降灰
2002年5月-7月 噴煙:降灰
2003年2月、4-10月 噴煙(山頂火口):降灰
2004年3-4月、6月、8-10月 噴煙(山頂火口):降灰
2013年3月3-5日、6月3-5日 ごく小規模な噴火
火山の概要・補足事項 20×17 kmの二重の大型カルデラ。カルデラ縁にある薩摩硫黄島の一部(矢筈岳など)や竹島は先カルデラ火山。硫黄岳・稲村岳(薩摩硫黄島)や新硫黄島は後カルデラ火山。海底には多数の中央火口丘がある。K-Ah(鬼界-アカホヤ)火山灰は7,300年前のカルデラ形成に伴う広域火山灰。先カルデラ火山は古くとも70万年前以降。
薩摩硫黄島は東西6 km、南北3 kmの火山島で、その一部は東方の竹島とともに、約7,300年前のカルデラ噴火が発生した鬼界カルデラ(東西23 km、南北16 km)のカルデラの縁である。大規模な火砕流(幸屋火砕流)と火山灰(鬼界アカホヤ火山灰)を放出したこの噴火後に、流紋岩からなる主峰の硫黄岳溶岩ドームと玄武岩からなる稲村岳スコリア丘の後カルデラ火山が生じている。1934年には流紋岩溶岩の流出を伴う海底噴火があり、島の東側に長径約500mの昭和硫黄島(新硫黄島)が形成された。硫黄岳ではかつては硫黄の採掘が盛んに行われていた。山頂部では噴気活動が活発である。島民114 名(2010年)
 
Volcano No. L01
Volcano name Kikai
Volcano No. ** L01
Geologic code ** Q3a
Main activity period Late Pleistocene - Holocene
Activity period / recent activity *** Caldera formation: 95,000 yBP and 7,300 yBP.
Latest eruption: AD 2013
Volcano type Submarine Caldera, Composite (compound) volcano, Pyroclastic cone, Lava dome
Representative rock type Acid
Main rock type **** Rhyolite, Basalt, Andesite
Height above sea level  
Location (Prefecture) KAGOSHIMA (MISHIMA ISLANDS)
1:200,000 map (GSI) KAIMONDAKE
1:50,000 map (GSI) SATSUMA IOJIMA
1:25,000 map (GSI) SATSUMA IOJIMA, SATSUMA TAKESHIMA
N. Latitude (WGS84) 30.7606
E. Longitude (WGS84) 130.3614
Active volcano name by JMA Satsuma-Iojima
Record of eruption & disaster † Sep-Nov 1934: Submarine eruption (2 km east offshore): Pumice lapilli drifted away.
7 Dec 1934 -Mar 1935: New island appeared (Shin-Io-jima): Lava flow.
1997-2003: Formation and enlargement of A new pit crater inside the summit crater.
Apr-Nov 1998: Ash cloud: Ash fallout.
May-Aug 1999: Ash cloud: Ash fallout.
Jan, Mar, Oct-Dec 2000: Ash cloud: Ash fallout.
Feb, Apr-Dec 2001: Ash cloud: Ash fallout.
May-Jul 2002: Ash cloud: Ash fallout.
Feb, Apr-Oct 2003: Ash cloud (summit crater): Ash fallout.
May-Apr, Jun, Aug-Oct 2004: Ash cloud (summit crater): Ash fallout.
3-5 May, 3-5 Jun 2013: very small-scale eruptions.
Additional comments Kikai Caldera Complex is a large twin caldera (ca. 20 x 17 km in diameter). Yahazu-dake (part of Satsuma Io-jima) and Takeshima, located on the caldera rim, are pre-caldera volcanoes, while Io-dake, Inamura-dake (Satsuma-Io-jima) and Shin-Io-jima are post-caldera volcanoes. There are several central post-caldera cones inside the submarine caldera. K-Ah (Kikai-Akahoya) tephra is a widespread co-ignimbrite ash fall produced during the 7.3 Ka caldera-forming eruption.
Satsuma Io Jima comprises three post-caldera volcanoes of Kikai Caldera including Inamura-dake, Io-dake and Shin-Io-jima. Major fumarole activity on the summit of Io-dake and shallow submarine eruptions recorded around the islands.

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back