日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


桜島 ________ Sakurajima



火山番号 K20
火 山 名 桜島
読 み さくらじま
地 域 九州南部
旧番号(第四紀火山DB)* 13c
火山番号 ** K20
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 後期更新世 - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 約2万2000年前以降。最新噴火:2016年
火山の型式・構造 複成火山
卓越する岩質 中性
主な岩石 **** 安山岩、デイサイト
所 在 地(都道府県) 鹿児島: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 鹿児島
1/5万地形図(国土地理院) 鹿児島
1/2.5万地形図(国土地理院) 桜島北部、桜島南部、鹿児島北部、鹿児島南部
標 高 御岳(おんたけ)、1117 m(北岳)
北 緯(世界測地系) 31° 35′ 33″ 
東 経(世界測地系) 130° 39′ 24″
気象庁による活火山名 桜島
災害・噴火記録 764年 水蒸気プリニー式噴火:軽石丘形成、 溶岩流
1471-1476年 プリニー式噴火:軽石降下、 溶岩流 死者多数、埋没家屋多数(文明大噴火)
1779年11月8日から プリニー式噴火:軽石降下、 溶岩流 死者 150余(安永大噴火)
1780年9月9日、10月31日 海底噴火:津波
1781年4月11日 海底噴火:津波 死者 8
1781年5月1日、1782年1月18日 海底噴火
1785年11月20日 小規模噴火:降灰
1790、1791、1794、1797、1799年 噴火:降灰
1899年9月 噴煙
1914年1月12日から プリニー式噴火:軽石降下、 溶岩流、 火砕流。大隅半島と陸続きになる。死者 58、全壊家屋120(大正大噴火)
1935年9月 噴火:降灰
1938年3月 噴煙:降灰
1939年10月、11月 ブルカノ式噴火(昭和火口形成):降灰、 小規模火砕流
1940年4月-6月、1941年4-6月、8月、1942年7月 ブルカノ式噴火:降灰
1943-1945年 噴煙
1946年1月-11月 ブルカノ式噴火:降灰、3月9日に溶岩流 死者 1(昭和大噴火)
1948年7月 ブルカノ式噴火:降灰(昭和火口における活動停止)
1950年6月-9月 小規模ブルカノ式噴火(南岳山頂火口):降灰
1954年 噴煙
1955年10月 ブルカノ式噴火(南岳山頂火口):降灰 死者 1
1956年-1974年 (毎年) ブルカノ式噴火:降灰
1974年6月、8月 ラハール(火山泥流) 死者 8
1975年-1985年 (毎年) ブルカノ式噴火:降灰、しばしばラハール(火山泥流)
1985年4月 小規模火砕流
1985年-2015年 ブルカノ式噴火(南岳山頂火口):降灰、しばしばラハール(火山泥流) 2010及び2013年は南岳山頂火口は噴火せず
2006年6月4日-20日 ブルカノ式噴火(南岳東斜面の昭和火口付近;1946年以来):有色噴煙、降灰、小規模火砕流。南岳山頂火口では従来通りその後も小規模な噴火が発生
2007年5月16日-6月20日 ブルカノ式噴火(昭和火口):有色噴煙、降灰
2008年2月3日-6日、4月3-14日 ブルカノ式噴火(昭和火口):有色噴煙、降灰、小規模火砕流
2008年5月-2015年9月 ブルカノ式噴火(昭和火口):有色噴煙、降灰、噴石は最大2合目まで到達
2009年4月-2015年4月 昭和火口から小規模な火砕流発生(約20回)
2009年は昭和火口で735回(うちブルカノ式噴火545回)、南岳山頂火口で噴火20回:2010年は昭和火口で1026回(うちブルカノ式噴火 896回):2011年は昭和火口で1353回(うちブルカノ式噴火994回)、南岳山頂火口でブルカノ式噴火2回:2012年のブルカノ式噴火は昭和火口が883回、南岳山頂火口が2回:2013年の昭和火口の噴火は1097回(うちブルカノ式835回):2014年の昭和火口の噴火は655回(南岳山頂火口は1回):2015年1月-9月の昭和火口の噴火は1250回(南岳山頂火口は2回):2015年10-2016年1月は噴火なし
2016年2月5日-7月 ブルカノ式噴火(昭和火口):噴石は最大3合目まで到達、小規模火砕流(4月8日、6月3日)
2017年3月25日 ブルカノ式噴火(南岳山頂火口)降灰、小規模火砕流発生(爆発的噴火は前年7月26日以来、火砕流は前年6月3日以来)、その後、ごく小規模噴火が継続
2017年4月26-28日 ブルカノ式噴火(昭和火口)、降灰:その後も小規模噴火が継続(8月下旬にはストロンボリ式に近い様式の非爆発的噴火が観察されるようになる)。
2017年4月-11月 ブルカノ式噴火(南岳山頂火口、昭和火口):降灰
火山の概要・補足事項 姶良カルデラの後カルデラ火山。最高峰は北岳(御岳)。有史後の山頂噴火はすべて南岳でおこっている。2008年頃からは南岳山頂火口よりも昭和火口における噴火が活発になった。
月別噴火回数、●月別爆発回数(鹿児島地方気象台):噴火回数とは、爆発的噴火もしくは一定規模以上の噴火(高さが概ね1000m以上の噴煙)のみを計測
 
Volcano No. K20
Volcano name Sakurajima
Volcano No. ** K20
Geologic code ** Q3m
Main activity period Late Pleistocene - Holocene
Activity period / recent activity *** From 22,000 yBP. Latest eruption: AD 2016
Volcano type Composite (compound) volcano
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite, Dacite
Height above sea level 1117 m (Kitadake)
Location (Prefecture) KAGOSHIMA
1:200,000 map (GSI) KAGOSHIMA
1:50,000 map (GSI) KAGOSHIMA
1:25,000 map (GSI) SAKURAJIMA HOKUBU, SAKURAJIMA NANBU, KAGOSHIMA HOKUBU, KAGOSHIMA NANBU
N. Latitude (WGS84) 31.5925
E. Longitude (WGS84) 130.6567
Active volcano name by JMA Sakurajima
Record of eruption & disaster † 764: Phreatoplinian eruptions: Pumice cone; lava flow.
1471-1476: Plinian eruptions: Major pumice fallout; lava flows. Many fatalities. Many houses buried (Bunmei Eruption).
From 8 Nov 1779: Plinian eruptions: Major pumice fallout; lava flows. Ca. 150 fatalities (An-ei Eruption).
9 Sep and 31 Oct 1780: Submarine eruptions accompanied by tsunami.
11 Apr 1781: Submarine eruptions accompanied by tsunami resulting in 8 fatalities.
1 May 1781 and 18 Jan 1782: Submarine eruptive activity.
20 Nov 1785: Minor eruptive activity: Ash fallout.
1790, 1791, 1794, 1797, 1799: Eruptive activity: Ash fallout.
Sep 1899: Ash cloud.
From 12 Jan 1914 (Taisho Eruption): Plinian eruptions: Pumice fallout, lava flow and pyroclastic flow. Island was connected to Osumi Peninsula. 58 fatalities. 120 houses burnt.
Sep 1935: Eruptive activity: Ash fallout.
Mar 1938: Ash cloud: Ash fallout.
Oct and Nov 1939: Vulcanian eruptions (Showa Crater formed): Ash fallout and minor pyroclastic flows.
Apr-Jun 1940, Apr-Jun, Aug 1941, Jul 1942: Vulcanian eruptions: Ash fallout.
1943-1945: Ash cloud.
Jan-Nov 1946 (Showa Eruption): Vulcanian eruptions: Ash fallout, lava flow on 9 Mar. 1 fatality.
Jul 1948: Vulcanian eruptions: Ash fallout. Activity at Showa Crater stopped.
Jun-Sep 1950: Minor Vulcanian eruptions (Minamidake Summit Crater): Ash fallout.
1954: Ash cloud.
Oct 1955: Vulcanian eruptions (Minamidake Summit Crater): Ash fallout. 1 fatality.
1956-1974: Sporadic Vulcanian eruptions: Ash fallout.
Jun and Aug 1974: Lahars. 8 fatalities.
1975-1985: Sporadic Vulcanian eruptions: Ash fall and frequent lahars.
Apr 1985: Minor pyroclastic flows.
1985-2015 (except 2010 and 2013): Sporadic Vulcanian eruptions (Minamidake Summit Crater): Ash fallout and frequent lahars.
4-20 Jun 2006: Vulcanian eruptions at the Showa Crater (east of summit crater of Minami-dake) since 1946: Ash fallout and lahars.
16 May to 20 Jun 2007: Minor Vulcanian eruptions (Showa crater): Ash fallout.
3-6 Feb and 3-14 Apr 2008: Vulcanian eruptions (Showa crater): Ash fallout and minor pyroclastic flows.
From May 2008 to Sep 2015: Vulcanian eruptions (Showa crater): Ash fallout.
From Apr 2009 to Apr 2015: Minor pyroclastic flows (ca. 20 times)
2009: 735 eruptions at Showa Crater (Vulcanian eruptions: 545 times) and 20 eruptions at Minamidake Summit Crater.
2010: 1026 eruptions at Showa Crater (Vulcanian eruptions: 896 times) and no eruption at Minamidake Summit Crater.
2011: 1353 eruptions at Showa Crater (Vulcanian eruptions: 994 times) and 2 eruptions at Minamidake Summit Crater.
2012: 883 Vulcanian eruptions at Showa Crater and 2 eruptions at Minamidake Summit Crater.
7 Feb 2011, 24 Jul and 2 Dec 2012: Vulcanian eruptions (Minamidake Summit Crater): Ash fallout.
2013: 1097 eruptions at Showa Crater (835 Vulcanian) and no eruption at Minamidake Summit Crater.
2014: 655 eruptions at Showa Crater and 1 eruption at Minamidake Summit Crater.
2015 (Jan to Sep): 1250 eruptions at Showa Crater and 2 eruptions at Minamidake Summit Crater.
Feb to Jul 2016: Vulcanian eruptions mainly at Showa Crater.
25 Mar 2017: Vulcanian eruption at Minamidake Summit Crater (after 8-month dormancy). Minor pyroclastic flow.
From 26 Apr 2017: Vulcanian eruption at Showa Crater. Storombolian-like eruptions were observed after late Aug.
From Apr to Nov 2017:: Vulcanian eruption at Showa Crater and Minamidake Summit Crater.
Additional comments  

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back