日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山
Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


榛名山 ________ Haruna San





火山番号 E18
火 山 名 榛名山
読 み はるなさん
地 域 本州(北関東・中部)
旧番号(第四紀火山DB)* 101
火山番号 ** E18
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 中期更新世(チバニアン期) - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 50万年前から活動。最新の噴火:6世紀中頃
火山の型式・構造 複成火山-カルデラ、溶岩ドーム、火砕丘
卓越する岩質 中間質
主な岩石 **** 安山岩、玄武岩、デイサイト
所 在 地(都道府県) 群馬: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 長野
1/5万地形図(国土地理院) 中之条、榛名山
1/2.5万地形図(国土地理院) 群馬原町、金井、榛名湖、伊香保、三ノ倉、下室田
標 高 掃部ヶ岳(かもんがたけ)、1449 m
北 緯(世界測地系) 36° 28′ 38″
東 経(世界測地系) 138° 51′ 02″
気象庁による活火山名 榛名山
災害・噴火記録 5世紀 噴火:軽石降下

5世紀末 水蒸気プリニー式噴火(榛名二ッ岳渋川噴火):降灰、 火砕流。

6世紀中葉 プリニー式噴火(榛名二ッ岳伊香保噴火):軽石降下、 火砕流、 溶岩ドーム形成(二ッ岳)
火山の概要・補足事項 50万年前から始まった古期榛名火山の活動は約24万年前に終了した。新期榛名火山は休止期を経て約5万年前に活動を開始し、降下軽石・火砕流噴火で榛名カルデラを形成したと考えられる。その後現在までに、榛名富士、蛇ヶ岳、相馬山、水沢山および二ッ岳の少なくとも5個の溶岩ドームが形成されている。
最新の噴火である二ッ岳伊香保噴火の炭素ウィグルマッチング年代はAD 538-566年(Okuno et al., 2018; Quat. Int.)、その前の二ッ岳渋川噴火の炭素ウィグルマッチング年代はAD 491-500年(早川ほか、2015、群馬大教育紀要)。
  
Volcano No. E18
Volcano name Haruna San
Volcano No. ** E18
Geologic code ** Q3m
Main activity period Chibanian (Middle Pleistocene) - Holocene
Activity period / recent activity *** From 0.5 Ma.
Latest eruption: middle 6th century
Volcano type Composite (compound) volcano - Caldera, Lava dome, Pyroclastic cone
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite, Basalt, Dacite
Height above sea level 1449 m (Kamongatake)
Location (Prefecture) GUNMA
1:200,000 map (GSI) NAGANO
1:50,000 map (GSI) NAKANOJO, HARUNASAN
1:25,000 map (GSI) GUNMA HARAMACHI, KANAI, HARUNAKO, IKAHO, SANNOKURA, SHIMOMURODA 
N. Latitude (WGS84) 36.4772
E. Longitude (WGS84) 138.8506
Active volcano name by JMA Harunasan
Record of eruption & disaster † 5th century: Eruptive activity: Pumice fallout.

Last 5th century: Phreatoplinian eruptions: Ash fallout and pyroclastic flows.

Middle 6th century : Plinian eruptions: Pumice fallout, pyroclastic flows and Futatsudake Lava Dome.
Additional comments  

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2020年末現在。Latest eruption as of the end of AD 2020.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back