日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


鳥海山 ________ Chokai San



火山番号 D39
火 山 名 鳥海山
読 み ちょうかいさん
地 域 本州(東北)
旧番号(第四紀火山DB)* 135
火山番号 ** D39
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 中期更新世 - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 約60万年前以降。最新噴火:1974年
火山の型式・構造 複成火山、溶岩ドーム
卓越する岩質 中性
主な岩石 **** 安山岩、玄武岩
所 在 地(都道府県) 秋田、山形: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 新庄、酒田
1/5万地形図(国土地理院) 鳥海山、吹浦、象潟、矢島
1/2.5万地形図(国土地理院) 象潟、小砂川、吹浦、十里塚、前郷、川辺、鳥海山、湯ノ台、中直根
標 高 新山(しんざん)、2236 m
北 緯(世界測地系) 39° 05′ 57″ 
東 経(世界測地系) 140° 02′ 55″
気象庁による活火山名 鳥海山
災害・噴火記録 9世紀前半 噴火
871年 噴火:ラハール(火山泥流)、溶岩流出?
939年 噴火
1560年 噴煙
1659年4月から (4年間?) 噴火
1740年6月から (1年間?) 噴火
1800-1804年 噴火:降灰、 新山溶岩ドーム形成(別名:享和岳)、 ラハール(火山泥流) 死者 8(登山者)
1821年5月 噴火:水蒸気噴火?
1834年7月 噴火:水蒸気噴火?
1974年2月-5月 小規模水蒸気噴火:降灰、 ラハール(火山泥流)
火山の概要・補足事項 鶯川安山岩:0.6±0.2Ma (林ほか、1994)、0.59±0.02Ma( 土志田ほか、1999)、天狗森火砕岩:0.58±0.06、0.4±0.1 (林ほか、1994)、下玉田川層:0.55±0.03Ma(伴ほか、2001)。以上、鳥海火山ステージ1最初期(伴ほか、2001)の噴出物とする。また、山体南側に分布する庄内層群中の火山岩(0.48±0.03Ma;土志田ほか、1999)も同時期であり、鳥海火山の最初期の噴出物と見なす。
秋田・山形の県境にまたがり、出羽富士、秋田富士などの別名もある主に安山岩からなる大型の複成火山で、日本海から直接そびえ立つにもかかわらず、東北地方では2番目に高い山(2,236m)である。西鳥海と東鳥海の二つに大別され、山頂部にそれぞれ馬蹄形カルデラが形成されている。山麓には大規模な山体崩壊による堆積物が広く分布しており、そのうち最も新しいものは紀元前466年に東鳥海馬蹄形カルデラが形成された時に崩れたもの(象潟岩屑なだれ)。天然記念物に指定されている象潟付近の九十九島はその時にできた流れ山で、かつては海の中に点々とする小島だったが、1804年の象潟地震により広い範囲が隆起して今のような陸地になった。歴史時代にいくつかの噴火記録があるが、最新の噴火は1974年の小規模な水蒸気爆発で融雪による泥流が発生した。東鳥海馬蹄形カルデラ内にある新山溶岩ドーム(享和ヶ岳)は1801年に形成。
なお、過去4500年間にマグマ水蒸気噴火あるいは水蒸気噴火による火山灰層が54層、見つかっている(大場ほか、2012)。
  
Volcano No. D39
Volcano name Chokai San
Volcano No. ** D39
Geologic code ** Q3m
Main activity period Middle Pleistocene - Holocene
Activity period / recent activity *** From 0.6 Ma.
Latest eruption: AD 1974
Volcano type Composite (compound) volcano, Lava dome
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite, Basalt
Height above sea level 2236 m (Shinzan)
Location (Prefecture) AKITA, YAMAGATA
1:200,000 map (GSI) SHINJO, SAKATA
1:50,000 map (GSI) CHOKAISAN, FUKURA, KISAKATA, YASHIMA
1:25,000 map (GSI) KISAKATA, KOSAGAWA, FUKURA, JURIZUKA, MAEGO, KAWABE, CHOKAIZAN, YUNODAI, NAKAHITANE
N. Latitude (WGS84) 39.0992
E. Longitude (WGS84) 140.0486
Active volcano name by JMA Chokaisan
Record of eruption & disaster † Early 9th century: Eruptive activity.
871: Eruptive activity: Lahars and possibly lava flows.
939: Eruptive activity.
1560: Ash cloud.
From Apr 1659 for ca. 4 years?: Eruptive activity.
From Jun 1740 for about 1 year?: Eruptive activity.
1800-1804: Eruptive activity: Ash fallout. Lava dome (Shinzan, Kyowa-dake) formed. Lahar. 8 fatalities (climbers).
May 1821: Phreatic eruption?
Jul 1834: Phreatic eruption?
Feb-May 1974: Minor phreatic eruptions: Ash fallout. Lahar.
Additional comments  

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back