本図に示された断層線は 既存資料を1/20万地図上で編集 したものであり、場所によっては最大数百メートルの 誤差がある可能性があります。また地図自体にも誤差がありますので、拡大してご利用の際はご注意下さい。
線の色は活動セグメントの区別のために便宜上着色したものです。 表示される断層線の幅は、実際の活断層の幅を示すものではありません。

035-01 しんじょうぼんち
新庄盆地活動セグメント
所属起震断層名 : 新庄盆地起震断層
山形県北東部,新庄盆地の東縁をほぼ南北方向に延びる東側隆起の逆断層.断層位置は活断層研究会(1991),中田・今泉(2002),池田ほか(2002),都市圏活断層図「新庄」による.
一般走向 N 10°E
一般傾斜 45 ° E
長さ 26 km
断層型
変位の向き(隆起側) E
平均変位速度 0.7 m/千年
松浦(2006)による火砕流基底面の変位から求めた値(0.5m/千年)を,断層面の傾斜を45度としてネット値に換算し,その平均値を採用.
単位変位量 3.0 m
活動セグメント長から粟田(1999)の経験式により算出した値を採用.
平均活動間隔 4.3 千年
具体的な数値を示すデータは得られていない.平均変位速度と単位変位量より計算した値を採用.
最新活動時期 野外調査結果 915 ~ 1868 年
堀内トレンチにおいて,AD 915年の十和田aテフラを構成層に挟む段丘面が撓曲変位を受けている(産総研,2008)ことから推定.近代的記録が開始された AD 1868年以前とする.
対応対応する内陸地震 ()
地震後経過率 0.15
将来活動確率 (今後30年以内 : BPT分布モデルによる) 約 0 %
将来活動確率 (今後30年以内 : ポアソン過程モデルによる) 約 0.7 %
調査地
変位
イベント

参考文献一覧

7 件 ヒットしました。
文献番号 著者 発行年 題名 雑誌名 巻・号 ページ 書誌情報と図表
6096
活断層研究会
1991
新編 日本の活断層
「新編 日本の活断層」

437pp.
6139
粟田泰夫
1999
日本の地震断層におけるセグメント構造とカスケード地震モデル(試案)
地質調査所速報
no.EQ/99/3(平成10年度活断層・古地震研究調査概要報告書)
p.275--284.
10009
澤祥・宮内崇裕・佐藤比呂志・八木浩司・松多信尚・越路智雄・丹羽俊二
2001
1:25,000 都市圏活断層図「新庄」
都市圏活断層図 1:25,000
国土地理院技術資料 D.1-No.388

6045
中田 高・今泉俊文 編
2002
活断層詳細デジタルマップ
「活断層詳細デジタルマップ」

60pp.
6042
池田安隆・今泉俊文・東郷正美・平川一臣・宮内崇裕・佐藤比呂志 編
2002
第四紀逆断層アトラス
「第四紀逆断層アトラス」

254pp.
10283
松浦旅人
2006
新庄盆地の第四紀後期近く活動と地形発達―地域的隆起と逆断層運動の重合―
地理学評論
79, 1
p.39-52.
9890
独立行政法人 産業技術総合研究所
2008
新庄盆地断層帯の活動性および活動履歴調査
「活断層の追加・補完調査」成果報告書
No.H19-6
15pp.