日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


日光海山 ________ Nikko Seamount


火山番号 G34
火 山 名 日光海山
読 み にっこうかいざん
地 域 伊豆・小笠原諸島
旧番号(第四紀火山DB)* 181
火山番号 ** G34
凡例記号 ** Sub.
主な活動期 海底火山(海底噴火地点)
活動年代・最新活動年 *** 海水変色(1979)
火山の型式・構造 海底火山
卓越する岩質 塩基性
主な岩石 **** 玄武岩、安山岩
所 在 地(都道府県) 東京都(火山列島南方): 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) -
1/5万地形図(国土地理院) -
1/2.5万地形図(国土地理院) -
標 高 -612 m
北 緯(世界測地系) 23° 04′ 48″ 
東 経(世界測地系) 142° 18′ 18″ 
気象庁による活火山名 日光海山
災害・噴火記録 1979年7月 海水変色
火山の概要・補足事項 南硫黄島南東沖には20余りの海山・海丘からあるが、そのうち変色海域が観測された海山は4つ。うち南東側の2つ(福神、春日海山)は日米の中間線確定のため、2003年1月に改訂された日本の活火山リストから外れ、日光海山と南日吉海山のみが日本の活火山として数えられている。
  
Volcano No. G34
Volcano name Nikko Seamount
Volcano No. ** G34
Geologic code ** Sub.
Main activity period Submarine volcano (submarine eruption point)
Activity period / recent activity *** Discolored water (1979)
Volcano type -
Representative rock type Basic
Main rock type **** Basalt, Andesite
Height above sea level -612 m
Location (Prefecture) TOKYO (south of VOLCANO ISLANDS)
1:200,000 map (GSI) -
1:50,000 map (GSI) -
1:25,000 map (GSI) -
N. Latitude (WGS84) 23.0689
E. Longitude (WGS84) 142.3008
Active volcano name by JMA Nikko Samount
Record of eruption & disaster † Jul 1979: Seawater discolored. 
Additional comments There are ca. 20 seamounts and knolls off southeast Minami Io To. Four of these seamounts showed seawater discoloration. Two seamounts at the southeast (Fukujin and Kasuga Seamounts) were deleted from the list of Japanese active volcanoes because they are located outside the Japanese economic zone. Only Nikko Seamount and Minami Hiyoshi Seamount are counted as Japanese active volcanoes. 

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back