日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


立山 ________ Tateyama


火山番号 E57
火 山 名 立山
読 み たてやま
地 域 本州(北関東・中部)
旧番号(第四紀火山DB)* 82
火山番号 ** E57
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 中期更新世 - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 約22万年前以降。最新噴火:1949年?
火山の型式・構造 複成火山-カルデラ、火砕流台地、溶岩流
卓越する岩質 中性
主な岩石 **** 安山岩、デイサイト
所 在 地(都道府県) 富山: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 高山
1/5万地形図(国土地理院) 立山、五百石
1/2.5万地形図(国土地理院) 立山、小見
標 高 国見岳、2621 m:室堂山、約2630 m
北 緯(世界測地系) 36° 34′ 16″ 
東 経(世界測地系) 137° 35′ 22″
気象庁による活火山名 弥陀ヶ原
災害・噴火記録 704年 噴火??
1836年7月9日 水蒸気噴火 (地獄谷)
1839年6月10日 水蒸気噴火 ??(地獄谷)
1858年4月8日 地すべり(飛越地震による鳶くずれ)
1858年4月23日 土石流 死者 多数
1858年6月7日 土石流 死者 多数
1946年9月11日 水蒸気噴火 ??(地獄谷)泥噴出
1949年10月23日? 水蒸気噴火 ??(地獄谷)
火山の概要・補足事項 立山カルデラは火砕流噴出による陥没カルデラそのものではなく、浸食カルデラである。現在も噴気活動が活発な地獄谷では、1972年から1987年にかけて硫黄溶融・流出が幾度か発生し、また、2010年にも鍛冶屋地獄を中心に発生したが(河野、1988;増淵、2013)、江戸時代から硫黄燃焼の記録がある。
 水蒸気の噴出(吹き上げ)もあるらしいが、詳しくは確認できていない。2006年以降、山麓から噴気が目視できるほど、噴気活動が活発であった時期がある。地獄谷で新たに形成された活発な噴気孔も確認されている。地獄谷より西、ソーメン滝の落ち口付近にも火口状地形があるが、その形成・活動時期についての詳細は不明(ここが大安地獄と呼ばれた可能性もあるが、地獄谷中心部の鍛冶屋地獄の北あるいは南西に“大安地獄”と書かれた文献が複数あり、はっきりしない)。
  
Volcano No. E57
Volcano name Tateyama
Volcano No. ** E57
Geologic code ** Q3m
Main activity period Middle Pleistocene - Holocene
Activity period / recent activity *** From 0.22 Ma.
Latest eruption: AD 1949?
Volcano type Composite (compound) volcano - Caldera, Pyroclastic flow plateau, Lava flow
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite, Dacite
Height above sea level 2621 m (Kunimidake), ca.2630 m (Murodoyama)
Location (Prefecture) TOYAMA
1:200,000 map (GSI) TAKAYAMA
1:50,000 map (GSI) TATEYAMA, GOHYAKKOKU
1:25,000 map (GSI) TATEYAMA, OMI
N. Latitude (WGS84) 36.5711
E. Longitude (WGS84) 137.5894
Active volcano name by JMA Midagahara
Record of eruption & disaster † 704: Eruptive activity?
9 Jul 1836: Phreatic eruption (Jigoku-dani).
10 Jun 1839: Phreatic eruption? (Jigoku-dani).
8 Apr 1858: Landslide following the Hietsu Earthquake.
23 Apr 1858: Many fatalities caused by debris flows.
7 Jun 1858: Many fatalities caused by debris flows. 
11 Sep 1946: Phreatic eruption?? (Jigoku-dani).
23 Oct 1949: Phreatic eruption?? (Jigoku-dani).
Additional comments Tateyama Caldera is an erosional not a collapse caldera. 

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back