日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山
Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


草津白根山 ________ Kusatsu Shirane San






火山番号 E24
火 山 名 草津白根山
読 み くさつしらねさん
地 域 本州(北関東・中部)
旧番号(第四紀火山DB)* 94
火山番号 ** E24
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 中期更新世(チバニアン期) - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 60万年前以降。最新の噴火:2018年
火山の型式・構造 複成火山
卓越する岩質 中間質
主な岩石 **** 安山岩
所 在 地(都道府県) 群馬: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 長野
1/5万地形図(国土地理院) 草津
1/2.5万地形図(国土地理院) 上野草津、大前
標 高 本白根山(もとしらねさん)、2171 m
北 緯(世界測地系) 36° 37′ 22″ 
東 経(世界測地系) 138° 31′ 54″
気象庁による活火山名 草津白根山
災害・噴火記録 1805年 水蒸気噴火?:降灰

1882年8月6日 水蒸気噴火(湯釜、涸釜):降灰

1897年7月4日-8月 小規模水蒸気噴火(湯釜) 硫黄採掘所全壊

1900年10月1日 小規模水蒸気噴火

1902年7月-9月 水蒸気噴火(弓池付近):降灰

1905年10月 小規模水蒸気噴火

1925年1月26日 水蒸気噴火:降灰

1927年12月31日 小規模水蒸気噴火

1928年1月29日-31日 小規模水蒸気噴火

1932年10月1日 水蒸気噴火(湯釜東):降灰、ラハール(火山泥流) 死者 2、負傷者7、山上施設破壊

1937年11月、12月 小規模水蒸気噴火:降灰

1939年2月-5月 水蒸気噴火:降灰

1940年4月、9月、1941年1月 噴煙

1942年2月 2日 小規模水蒸気噴火(湯釜の東〜南に割れ目火口列形成)

1958年12月? 小規模水蒸気噴火(湯釜)

1971年12月27日 火山ガスにより死者6 (振子沢)

1976年3月2日 小規模水蒸気噴火(水釜)

1976年8月3日 火山ガスにより死者3(本白根山)

1982年10月26日 小規模水蒸気噴火(湯釜、涸釜):降灰

1982年12月29日 水蒸気噴火(湯釜):降灰

1983年7月26日 小規模水蒸気噴火(湯釜)

1983年11月13日 水蒸気噴火(湯釜):降灰

1983年12月21日 小規模水蒸気噴火(湯釜、涸釜):降灰

2018年1月23日 小規模水蒸気噴火(本白根山、鏡池北火砕丘の北側及び鏡池火砕丘内などにほぼ東西方向に延びる火口列形成):降灰、噴石 死者1、負傷者11
火山の概要・補足事項 草津白根火山の山頂部は、涸釜や湯釜火口を有する白根火砕丘群、最高峰の本白根山を含む本白根火砕丘群のほか、逢ノ峰火砕丘、弓池マールなどから構成されている。
 本白根火砕丘群は、南西-北東に並ぶ本白根西火砕丘、古本白根火砕丘、新本白根火砕丘、鏡池火砕丘および鏡池北火砕丘の5つの火砕丘から構成されている。このうち南西端の本白根西火砕丘が最も古く、北東の火砕丘ほど新しい。鏡池火砕丘は約4800年前以降、鏡池北火砕丘が約1500年前以降に活動した(石﨑ほか、2020、地質学雑誌)。2018年の噴火は鏡池北火砕丘内に形成された火口を中心におこり、有史以来初めての本白根火砕丘群における噴火(それ以外はすべて白根火砕丘群で発生)。
 草津白根火山における最後のマグマ噴火は、弓池マールにおけるAD600年頃のマグマ水蒸気噴火(亀谷ほか、2021、火山) 。
  1983年11月に起きた噴火がでは、噴石は火口の湯釜から700m先まで、火山灰は約45km先の群馬県渋川市まで到達した(東工大・上智大、1984、火山噴火予知連会報)。
  
Volcano No. E24
Volcano name Kusatsu Shirane San
Volcano No. ** E24
Geologic code ** Q3m
Main activity period Chibanian (Middle Pleistocene) - Holocene
Activity period / recent activity *** From 0.6 Ma.
Latest eruption: AD 2018
Volcano type Composite (compound) volcano
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite
Height above sea level 2171 m (Motoshiranesan)
Location (Prefecture) GUNMA
1:200,000 map (GSI) NAGANO
1:50,000 map (GSI) KUSATSU
1:25,000 map (GSI) KOZUKE KUSATSU, OMAE
N. Latitude (WGS84) 36.6228
E. Longitude (WGS84) 138.5317
Active volcano name by JMA Kusatsu-Shiranesan
Record of eruption & disaster † 1805: Phreatic eruption?: Ash fallout.

6 Aug 1882: Phreatic eruption (Yugama and Karegama): Ash fallout.

4 Jul-Aug 1897: Minor phreatic eruptions (Yugama): Destroyed entire sulfur mine office.

1 Oct 1900: Minor phreatic eruption.

Jul-Sep 1902: Phreatic eruptions (around Yumi-ike): Ash fallout.

Oct 1905: Minor phreatic eruption.

26 Jan 1925: Phreatic eruption: Ash fallout.

31 Dec 1927: Minor phreatic eruption.

29 -31 Jan 1928: Minor phreatic eruptions.

1 Oct 1932: Phreatic eruption: Ash fallout; lahar. 2 fatalities & 7 injured. Facility house damaged.

Nov, Dec 1937: Minor phreatic eruptions: Ash fallout.

Feb-May 1939: Phreatic eruptions: Ash fallout.

Apr, Sep 1940 and Jan 1941: Ash cloud.

2 Feb 1942: Minor phreatic eruption (fissure eruption) .

Dec? 1958: Minor phreatic eruption (Yugama).

27 Dec 1971: 6 fatalities at Furiko-sawa valley (gas emission).

2 Mar 1976: Minor phreatic eruption (Mizugama).

3 Aug 1976: 3 fatalities at Shirane-sawa valley (gas emission).

26 Oct 1982: Minor phreatic eruption (Yugama and Karegama): Ash fallout.

29 Dec 1982: Phreatic eruption (Yugama): Ash fallout.

26 July 1983: Minor phreatic eruption (Yugama).

13 Nov 1983: Phreatic eruption (Yugama): Ash fallout.

21 Dec 1983: Minor phreatic eruption (Yugama and Karegama): Ash fallout. 

23 Jan 2018: Minor phreatic eruption (near Kagami-ike): Pyroclastic surge? Ash fallout. 1 fatality & 11 injured.
Additional comments  

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2020年末現在。Latest eruption as of the end of AD 2020.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back