日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


吾妻山 ________ Azuma Yama


火山番号 D62
火 山 名 吾妻山
読 み あづまやま
地 域 本州(東北)
旧番号(第四紀火山DB)* 122
火山番号 ** D62
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 カラブリアン(前期更新世後半) - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 130万年前以降。東吾妻の新期火山(吾妻−浄土平火山)は約1万年前以降。最新噴火:1977年
火山の型式・構造 複成火山、溶岩流および小型楯状火山、火砕丘
卓越する岩質 中性
主な岩石 **** 安山岩、玄武岩、デイサイト
所 在 地(都道府県) 福島、山形: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 福島
1/5万地形図(国土地理院) 吾妻山、福島
1/2.5万地形図(国土地理院) 白布温泉、桧原湖、天元台、吾妻山、板谷、土湯温泉
標 高 西吾妻山、2035 m
北 緯(世界測地系) 37° 44′ 17″ 
東 経(世界測地系) 140° 08′ 26″
気象庁による活火山名 吾妻山
災害・噴火記録 1331年頃 水蒸気噴火・ブルカノ式噴火(大穴火口・硫黄平南火口列)
1711年頃 水蒸気噴火(大穴火口)
1893年5月19日 水蒸気噴火(燕沢火口列):降灰
1893年6月4日-8日 水蒸気噴火:降灰 死者 2(地質調査所調査員)
1893年7月8日 小規模水蒸気噴火:降灰
1893年11月9、10日 小規模水蒸気噴火:降灰
1894年3月、4月 小規模水蒸気噴火:降灰
1895年3月、5月、7月、9月 小規模水蒸気噴火:降灰
1914年11月13日、14日? 噴煙
1950年2月10、19日 水蒸気噴火(大穴火口):降灰
1952年5月23日 小規模水蒸気噴火
1952年6月18日 小規模水蒸気噴火
1977年12月7日 小規模水蒸気噴火(大穴火口)
2008年11月11日 大穴火口内に新噴気孔形成、噴気量増大。
2010年5月-2011年6月 たびたび硫黄の自然発火による発光現象
火山の概要・補足事項 西吾妻火山群と東吾妻火山群に大別。東吾妻に一切経山や吾妻小富士がある。有史以来の噴火は一切経山周辺。
  
Volcano No. D62
Volcano name Azuma Yama
Volcano No. ** D62
Geologic code ** Q3m
Main activity period Calabrian (second half of Early Pleistocene) - Holocene
Activity period / recent activity *** From 1.3 Ma.
Latest eruption: AD 1977
Volcano type Composite (compound) volcano, Lava flow, Pyroclastic cone
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite, Basalt, Dacite
Height above sea level 2035 m (Nishiazumayama)
Location (Prefecture) FUKUSHIMA, YAMAGATA
1:200,000 map (GSI) FUKUSHIMA
1:50,000 map (GSI) AZUMAYAMA, FUKUSHIMA
1:25,000 map (GSI) SHIRABU ONSEN, HIBARAKO, TENGENDAI, AZUMAYAMA, ITAYA, TSUCHIYU ONSEN
N. Latitude (WGS84) 37.7381
E. Longitude (WGS84) 140.1406
Active volcano name by JMA Azumayama
Record of eruption & disaster † Around 2nd century: Phreatic eruption.
Around 7th century: Phreatic eruption.
1331: Phreatic eruptions and Vulcanian eruptions (Oana Crater and alignment of Iwodaira-minami Craters) .
1711: Phreatic eruptions (Oana Crater).
19 May 1893: Phreatic eruption (Tsubakurosawa Craters): Ash fallout.
4 -8 Jun 1893: Phreatic eruptions: Ash fallout. 2 fatalities (geologists of Geological Survey of Japan).
8 Jul 1893: Minor phreatic eruption: Ash fallout.
9, 10 Nov 1893: Minor phreatic eruptions: Ash fallout.
Mar, Apr 1894: Minor phreatic eruptions: Ash fallout.
Mar, May, Jul, Sep 1895: Minor phreatic eruptions: Ash fallout.
13 and 14? Nov 1914: Ash cloud.
10 and 19 Feb 1950: Phreatic eruption (Oana Crater): Ash fallout.
23 May 1952: Minor phreatic explosion.
18 Jun 1952: Minor phreatic explosion.
7 Dec 1977: Minor phreatic explosion (Oana Crater). 
11 Nov 2008: New fumaroles created inside the Oana Crater.
Additional comments Azuma Volcano is subdivided into two volcano groups, the Nishi-Azuma and the Higashi-Azuma Volcano Groups. The Higashi-Azuma Volcano Group includes Issaikyou-zan and Azuma-Kofuji. Historical eruptions are concentrated around Issaikyou-zan. 

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back