日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


高松岳 ________ Takamatsu Dake

火山番号 D42
火 山 名 高松岳
読 み たかまつだけ
地 域 本州(東北)
旧番号(第四紀火山DB)* 134
火山番号 ** D42
凡例記号 ** Q2a
主な活動期 中期更新世
活動年代・最新活動年 *** 約30万~20万年前
火山の型式・構造 複成火山
卓越する岩質 酸性
主な岩石 **** デイサイト
所 在 地(都道府県) 秋田: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 新庄
1/5万地形図(国土地理院) 秋ノ宮
1/2.5万地形図(国土地理院) 秋ノ宮
標 高 1348 m(高松岳)
北 緯(世界測地系) 38° 58′ 03″ 
東 経(世界測地系) 140° 36′ 22″
気象庁による活火山名 -
災害・噴火記録 なし
火山の概要・補足事項 高松岳からは0.28±0.02~0.33±0.01Ma(K-Ar:土志田ほか、1999)、0.211±0.05、0.253±0.059Ma (TL:高島ほか、1999、岩鉱)、0.26±0.14、0.27±0.04Ma(K-Ar:梅田ほか、1999)などの年代値が報告されている。また、北側に分布する木地山火砕流からは0.30±0.01Maが得られており(Kondo et al., 2004, Island Arc)、これも高松岳火山の一部とする。
高松岳北麓の川原毛地獄では噴気活動あり。川原毛地獄には4つの馬蹄形の凹地が認められる。かつての硫黄採掘によって地形が改変されている可能性は否定できないが、いずれの凹地も爆裂火口もしくはその崩壊地形である可能性がある。少なくとも現在も噴気活動が活発な凹地は爆裂火口であり、そこでは繰り返し水蒸気噴火が発生してテフラを放出している(鹿野ほか、2017、火山学会)。
なお、高松岳は鮮新世前半に形成された径20×10 kmの三途川カルデラの内部にある。ただ、このカルデラ内には2 Ma 前後に活動した奥宮山や1.0-1.3 Maの兜山火砕流堆積物(給源不明)も分布しており(年代は高島ほか(1999)による)、 三途川カルデラが1.2M aに軽石流を噴出して形成されたという大木(2016、地球惑星科学連合要旨)の主張は受け入れがたい。
  
Volcano No. D42
Volcano name Takamatsu Dake
Volcano No. ** D42
Geologic code ** Q2a
Main activity period Middle Pleistocene
Activity period / recent activity *** 0.3-0.2 Ma
Volcano type Composite (compound) volcano
Representative rock type Acid
Main rock type **** Dacite
Height above sea level 1348 m
Location (Prefecture) AKITA
1:200,000 map (GSI) SHINJO
1:50,000 map (GSI) AKINOMIYA
1:25,000 map (GSI) AKINOMIYA
N. Latitude (WGS84) 38.9675
E. Longitude (WGS84) 140.6061
Active volcano name by JMA -
Record of eruption & disaster †  
Additional comments  

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2018年末現在。Latest eruption as of the end of AD 2018.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back