日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


岩手山 ________ Iwate San




火山番号 D31
火 山 名 岩手山
読 み いわてさん
地 域 本州(東北)
旧番号(第四紀火山DB)* 142
火山番号 ** D31
凡例記号 ** Q3b
主な活動期 中期更新世 - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 約70万年前以降。最新噴火:1919年
火山の型式・構造 複成火山
卓越する岩質 塩基性
主な岩石 **** 玄武岩、安山岩
所 在 地(都道府県) 岩手: 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 秋田、盛岡
1/5万地形図(国土地理院) 八幡平、雫石、沼宮内、盛岡
1/2.5万地形図(国土地理院) 松川温泉、篠崎、大更、姥屋敷
標 高 薬師岳、2038 m
北 緯(世界測地系) 39° 51′ 09″ 
東 経(世界測地系) 141° 00′ 04″
気象庁による活火山名 岩手山
災害・噴火記録 1686年3月25?日-4月 噴火:降灰、ラハール(火山泥流)[11月まで山頂火口の噴気活動継続か?]
1732年1月21-27日 噴火:北東山腹、 溶岩流(焼走り溶岩)
1919年7月15日 水蒸気噴火(西岩手の大地獄谷):降灰、新火口形成
1930年代中頃-1970年代初め 山頂火口からの噴気活動活発  
 (1939、1959、1967、1972年、特に活性化した時期あり)
1998年2月から 岩手山西側を中心として群発地震、地殻変動観測。
1998年9月3日 岩手県内陸北部地震:地震断層出現、その後震源域縮小、地震回数激減
1999年3月 噴気活動活発化(西岩手)、2003年には低下
火山の概要・補足事項 玄武岩〜安山岩からなる大型の火山で、西岩手カルデラを中心とする西岩手火山とその東側の円錐形をした東岩手火山に区分される。約30万年以降、現在に至るまでに山体崩壊と火山体の再生を何度も繰り返してきた。東岩手山頂の薬師火口(直径約500m)内には比高約60mの妙高岳中央火口丘と直径30m、深さ約20mの御室火口が開いている。東岩手火山では1732年に北東部の山腹に側火口が開き、焼走り溶岩流を噴出した。最近では1998年から群発地震とともに地殻変動が始まり、西岩手では噴気活動が活発化した。この間、噴火の危険性があるとして入山が規制されていたが、2004年に解除されている。1919年を除くと、最近の噴火活動は東岩手で発生している。 
  
Volcano No. D31
Volcano name Iwate San
Volcano No. ** D31
Geologic code ** Q3b
Main activity period Middle Pleistocene - Holocene
Activity period / recent activity *** From 0.7 Ma.
Latest eruption: AD 1919
Volcano type Composite (compound) volcano
Representative rock type Basic
Main rock type **** Basalt, Andesite
Height above sea level 2038 m (Yakushidake)
Location (Prefecture) IWATE
1:200,000 map (GSI) AKITA, MORIOKA
1:50,000 map (GSI) HACHIMANTAI, SHIZUKUISHI, NUMAKUNAI, MORIOKA
1:25,000 map (GSI) MATSUKAWA ONSEN, SHINOZAKI, OOBUKE, UBAYASHIKI
N. Latitude (WGS84) 39.8525
E. Longitude (WGS84) 141.0011
Active volcano name by JMA Iwatesan
Record of eruption & disaster † 25? Mar-Apr 1686: Eruptive activity: Ash fallout; lahar. Gas emissions probably continued until Nov.
21-27 Jan 1732: Eruptive activity (NE flank): Lava flow (Yakebashiri Lava).
15 Jul 1919: Phreatic eruption (Jigoku-dani at Nishi-Iwate): Ash fallout. New crater formed.
Middle 1930s-early 1970s: Major gas emissions at the summit.
(1939, 1959, 1967 and 1972 were especially active years).
From Mar 1998: Earthquake swarm, crustal deformation and gas emissions became active around the western part of Iwate Volcano. 
Additional comments Recent eruptive activity was concentrated mostly around Higashi-Iwate except for the 1919 eruptive activity. 

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back