日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山                          Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


倶多楽・登別火山群 ________ Kuttara-Noboribetsu Volcano Group


火山番号 C17
火 山 名 倶多楽・登別火山群
読 み くったら・のぼりべつ
地 域 北海道 西部・南部
旧番号(第四紀火山DB)* 196
火山番号 ** C17
凡例記号 ** Q3a
主な活動期 後期更新世 - 完新世
活動年代・最新活動年 *** 約8万年前以降。カルデラ形成は約4万年前。最新噴火:200年前。
火山の型式・構造 複成火山-カルデラ、溶岩ドーム
卓越する岩質 酸性
主な岩石 **** デイサイト、流紋岩、安山岩、玄武岩
所 在 地(都道府県) 北海道(胆振): 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 苫小牧
1/5万地形図(国土地理院) 徳舜瞥山、登別温泉
1/2.5万地形図(国土地理院) 飛生、登別温泉
標 高 581 m(北山)、549 m(四方嶺)、倶多楽湖湖面258 m
北 緯(世界測地系) 42° 29′ 28″ 
東 経(世界測地系) 141° 09′ 35″
気象庁による活火山名 倶多楽
災害・噴火記録 約200年前、 水蒸気噴火:日和山-大湯沼-裏地獄火口列を形成(鳥口ほか、2005)。
2016年11月 日和山南方の大正地獄にて小規模な熱湯噴出。
火山の概要・補足事項 森泉(1998)のクッタラ火山群。地獄谷、大湯沼、日和山などで噴気活動が活発。倶多楽カルデラの外側に先倶多楽カルデラの存在が推定されている(畠山ほか、2005)。時年代詳のポントコ山を含む。日和山溶岩ドームは1.5万年前(後藤・檀原、2011)。Goto et al.(2013)により、地獄谷や大湯沼周辺で過去8,500年間に12回以上の水蒸気噴火が発生していることが明らかにされた。
  
Volcano No. C17
Volcano name Kuttara-Noboribetsu Volcano Group
Volcano No. ** C17
Geologic code ** Q3a
Main activity period Late Pleistocene - Holocene
Activity period / recent activity *** From 80,000 yBP. Caldera formation: 40,000 yBP.
Latest eruption: 200 yBP
Volcano type Composite (compound) volcano - Caldera, Lava dome
Representative rock type Acid
Main rock type **** Dacite, Rhyolite, Andesite, Basalt
Height above sea level 581 m (Kitayama), 549 m (Shihorei), 258 m (lake surface)
Location (Prefecture) HOKKAIDO (IBURI)
1:200,000 map (GSI) TOMAKOMAI
1:50,000 map (GSI) TOKUSHUNBETSUYAMA, NOBORIBETSU ONSEN
1:25,000 map (GSI) TOBIU, NOBORIBETSU ONSEN 
N. Latitude (WGS84) 42.4911
E. Longitude (WGS84) 141.1597
Active volcano name by JMA Kuttara
Record of eruption & disaster † Ca. 200 years ago: Phreatic eruption: Hiyoriyama-Oyunuma-Urajigoku aligned craters formed (Toriguchi et al., 2005). 
Nov 2016: Hot water spouting at Taisho Jigoku, south of Hiyoriyama.
Additional comments Kuttara Volcano comprises Kuttara Caldera and post-caldera Noboribetsu Volcano. Fumaroles are currently active at Jigokudani, Oyunuma and Hiyori-yama. Pre-Kuttara Caldera was probably at the outside of Kuttara Caldera (Hatakeyama et al., 2005). 

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2016年末現在。Latest eruption at the end of AD 2016.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back