日本の火山 > 第四紀火山 > 個別火山
Volcanoes of Japan > Quaternary Volcanoes > Individual Volcano


樽前山 ________ Tarumae (Tarumai) San 






火山番号 C14
火 山 名 樽前山
読 み たるまえ(たるまい)さん
地 域 北海道西部
旧番号(第四紀火山DB)* 198d
火山番号 ** C14
凡例記号 ** Q3m
主な活動期 完新世
活動年代・最新活動年 *** 約9000年前以降。最新の噴火:1981年。
火山の型式・構造 火砕丘、溶岩ドーム
卓越する岩質 中間質
主な岩石 **** 安山岩
所 在 地(都道府県) 北海道(石狩、胆振): 地理院地図(GSI Maps)
1/20万地勢図(国土地理院) 札幌
1/5万地形図(国土地理院) 樽前山
1/2.5万地形図(国土地理院) 風不死岳、樽前山
標 高 1041 m
北 緯(世界測地系) 42° 41′ 25″ 
東 経(世界測地系) 141° 22′ 37″
気象庁による活火山名 樽前山(たるまえさん)
災害・噴火記録 1667年9月23日 プリニー式噴火:軽石降下、 火砕流

1739年8月18日から(12日間) プリニー式噴火:軽石降下、 火砕流

19世紀初頭(1804-1817年の間) 噴火:軽石降下、 火砕丘形成 死者 多数?

1867年 噴火:溶岩ドーム形成

1874年2月8、9、16日 噴火:軽石降下、 新火口形成

1883年10月、11月 噴火

1885年-1887年(毎年) 噴火:降灰

1894年2月、8月 噴火:降灰

1909年1月-4月 噴火:降灰

1909年4月17日-19日 溶岩ドーム形成(明治42年新山)

1917年-1921年 (毎年) 噴火:降灰

1923年2月、6月、7月 噴火:降灰

1926年10月 噴火:降灰

1928年1月、9月、10月、12月、1929年2月 噴火

1931年10月 噴火

1933年12月1日 噴火:降灰、 新火口形成

1936年4月、11月 噴火

1944年7月、11月25日 噴火

1951年1月、7月 噴火:降灰、小泥流

1953年-1955年(毎年) 噴火

1978年5月14、17日 水蒸気噴火:降灰

1978年12月-79年5月 噴煙:降灰

1981年2月27日 噴煙:降灰
火山の概要・補足事項 支笏カルデラの後カルデラ火山のひとつ。地理院地図での読みは「たるまえ」であるが(2019年7月閲覧)、本来の読みは「たるまい」である。江戸時代から「たるまい」と記録されており(例えば,松前年々記)、樽前火山に関する多くの研究ではアイヌ語の発音に由来する後者の読みが使われている。気象庁発行の日本活火山要覧(1975)や日本活火山総覧(初版、1984)では「たるまえ」だが、「北海道における火山に関する研究報告書第2編」(北海道防災会議、1972)は「たるまい」、その他論文の英文表記はTarumaiが使われることが多い(Tanakadate,1917;土居,1957;曽屋・佐藤、1980;Simkin et al., 1981)。一方で、国土地理院の地形図や気象庁(2005)の表記は「たるまえ」となっているため、ここでは「たるまえ」とするが、従来の研究との整合性を保つため、必要に応じて「たるまい」と読む。なお、国土地理院の1/5万地形図では、1956年以前は「たるまえやま」、1969年以降は「たるまえさん」、1/2.5万地形図では、1968年以前は「たるまえやま」、1979年以降は「たるまえさん」となっている。北海道開発庁発行の1/5万地質図(1957年)は「たるまいざん」。
  
Volcano No. C14
Volcano name Tarumae (Tarumai) San 
Volcano No. ** C14
Geologic code ** Q3m
Main activity period Holocene
Activity period / recent activity *** From 9,000 yBP.
Latest eruption: AD 1981
Volcano type Pyroclastic cone, Lava dome
Representative rock type Intermediate
Main rock type **** Andesite
Height above sea level 1041 m
Location (Prefecture) HOKKAIDO (ISHIKARI, IBURI)
1:200,000 map (GSI) SAPPORO
1:50,000 map (GSI) TARUMAESAN
1:25,000 map (GSI) FUPPUSHIDAKE, TARUMAESAN
N. Latitude (WGS84) 42.6903
E. Longitude (WGS84) 141.3769
Active volcano name by JMA Tarumaesan
Record of eruption & disaster † 23 Sep 1667: Plinian eruptions: Pumice fallout; pyroclastic flow.
From 18 Aug 1739 for 12 days: Plinian eruptions: Pumice fallout; pyroclastic flow.
Early 19th century (especially 1804-1817): Eruptive activity: Pumice fallout. Cinder cone formed. Several fatalities?
1867: Eruptive activity: Lava dome formed.
8, 9 and 16 Feb 1874: Eruptive activity: Pumice fallout. New crater formed.
Oct and Nov 1883: Eruptive activity.
1885-1887: Sporadic eruptive activity: Ash fallout.
Feb Aug 1894: Eruptive activity: Ash fallout.
Jan-Apr 1909: Eruptive activity. Ash fallout.
17-19 Apr 1909: New lava dome formed ("Meiji-42-nen Shin-zan").
1917-1921: Sporadic eruptive activity: Ash fallout.
Feb, Jun, Jul 1923: Eruptive activity: Ash fallout.
Oct 1926: Eruptive activity. Ash fallout.
Jan, Sep, Oct and Dec1928 and Feb 1929: Eruptive activity.
Oct 1931: Eruptive activity.
1 Dec 1933: Eruptive activity: Ash fallout. New crater formed.
Apr and Nov1936: Eruptive activity.
Jul and 25 Nov 1944: Eruptive activity.
Jan and Jul 1951: Eruptive activity: Ash fallout; minor debris flow.
1953-1955: Sporadic eruptive activity.
14 and 17 May 1978: Phreatic eruption: Ash fallout.
Dec 1978-May 1979: Ash cloud : Ash fallout. 
27 Feb 1981: Ash cloud : Ash fallout. 
Additional comments Tarumai-san is a post-caldera volcano of Shikotsu Caldera. 

*:2000年から2013年まで公開されていた「日本の第四紀火山」(産総研の研究情報公開データベース「RIO-DB」、2013年廃止)の火山番号。
**:「日本の火山(第3版)」(2013年発行)に基づく。Based on "Volcanoes of Japan (Third Edition)" issued in May, 2013.
***:最新活動年は2019年末現在。Latest eruption as of the end of AD 2019.
**** :安山岩には玄武岩質安山岩を含む。"Andesite" in this page includes "basaltic andesite". Basaltic andesite, SiO2=52-57 wt.%; Andesite, SiO2=57-63 wt.% (Le Maitre et al., 2002).
† :原則として古文書記録に基づき、地質学的研究で見つかった記録は含まない。Documented records as a principle.

 

Back