活断層データベース

AIST logo産業技術総合研究所

検索語を入力して、検索ボタンをクリックしてください。 複数のボックスに検索語を入力することもできます。
検索結果表示後、検索ボックスに情報を追加することで絞り込むことが出来ます。

文献番号 完全一致検索
著者 完全一致検索
ワイルドカード( * / % )を使って部分一致検索を行う事も可能です。
  例1:「辻村」が著者に含まれる文献を検索する場合は「*辻村*」と入力。
  例2:「辻村」が筆頭著者の文献を検索する場合は「辻村*」と入力。
発行年 年~ 範囲検索
どちらか片方の入力でも検索可能です。
題名 部分一致検索
空白文字で区切ることで複数の検索語が入力可能です。
雑誌名 部分一致検索
空白文字で区切ることで複数の検索語が入力可能です。
巻・号 前方一致検索
ページ 部分一致検索
調査地情報 完全一致検索
20万分の1図幅名


39件 ヒットしました。


文献番号 著者 発行年 題名 雑誌名 巻・号 ページ 書誌情報と図表 調査地点 PDF CiNii
2326
大塚弥之助
1928
伊勢志摩地方の地質及び地形から推定される主要なる断層
地理学評論
4, 7
p.649--670.
PDF
2239
瀧本 清
1935
三重県一志郡地方の新生界
地球
23
p.326--338.
2323
山田 純
1953
南勢の新生界
三重大学学芸学部教育研究所研究紀要
10
p.69--71.
2324
山田 純
1958
三重県雲出川南縁の一志層群について
藤本治義教授記念論文集

p.277--281.
2325
ARAKI Yoshio
1960
Geology, paleontology and sedimentary structures (including problematica) of the Tertiary formations developed in the environs of Tsu City, Mie Prefecture, Japan
Bull. Liberal Arts Dept. Mie Univ.
Spec.1
p.1--118.
2241
荒木慶雄
1960
三重県阿波盆地の第三紀層
東北大学理科報告
4
p.523--529.
2240
糸魚川淳二
1961
三重県阿山郡阿波盆地の新生代層
槙山次郎教授記念論文集

p.59--66.
2327
柴田 博
1967
三重県中部の中新統一志層群
地質学雑誌
73, 7
p.337--346.
PDF
2232
近藤善教
1968
伊賀構造盆地の構造地質学的研究
地質調査所報告
231
p.1--30.
2322
恒石幸正
1970
三重県松阪およびその周辺地域の地質構造
地震研究所彙報
48
p.645--667.
2218
森 一郎・山田 純
1977
一志断層系による段丘変位(予報)
三重大学教育学部研究紀要. 自然科学
28
p.27--33.
2226
横田修一郎・松岡数充・屋舗増弘
1978
信楽・大和高原の新生代層とそれにまつわる諸問題―信楽・大和高原のネオテクトニクス研究 その1―
地球科学
32
p.133--150.
2008
相田 勇
1979
1944年東南海地震津波の波源モデル
地震研究所彙報
54, 2
p.329--341.
1983
桑原 徹
1980
伊勢湾周辺の中部更新統―その分布と断層地塊運動―
第四紀研究
19, 3
p.149--162.
PDF
2331
津村善博
1982
三重県松阪市西方の白米城断層について
日本地質学会第89年学術大会講演要旨

p.552.
2010
海上保安庁水路部
1982
1:50,000 海底地質構造図「大王埼」
沿岸の海の基本図
6360, 2-S

2329
坂 幸恭・山口宗司
1985
志摩半島中央部, 磯部町における仏像構造線の露頭
地質学雑誌
91, 3
p.235--238.
PDF
2332
海上保安庁水路部
1985
1:50,000 海底地質構造図「長島湾」
沿岸の海の基本図
6360, 6-S

2330
高木秀雄
1985
紀伊半島東部粥見地域における領家帯の圧砕岩類
地質学雑誌
91, 9
p.637--651.
PDF
2273
寒川 旭
1986
近畿中央部の新期地殻運動
月刊地球
8, 12
p.752--755.
2328
武藤正明
1989
志摩半島の活断層に関する資料
活断層研究
7
p.82--86.
PDF
2333
気象庁地震予知情報課
1989
1989年2月19日の三重県中部の地震(M 5.3)
地震予知連絡会会報
42
p.330-332.
PDF
2152
植村善博・太井子宏和
1990
琵琶湖湖底の活構造と湖盆の変遷
地理学評論
63A, 11
p.722--740.
PDF
2334
諏訪兼位・宮川邦彦・水谷総助・林田守生・大岩義治
1997
紀伊半島中部,中央構造線の大露頭:月出露頭(三重県飯南郡飯高町月出ワサビ谷)
地質学雑誌
103, 11
p.XXXV--XXXVI.
PDF
5441
苅谷愛彦・伏島祐一郎・宮地良典・水野清秀・寒川 旭・佐竹健治・井村隆介・奥村晃史・柳田 誠・佐藤 賢
1999
嘉永・安政伊賀地震の震源断層としての木津川断層系―上野市東高倉におけるトレンチ掘削調査から―
歴史地震
15
p.163-170.
5556
苅谷愛彦・宮地良典・水野清秀・川邊孝幸・井村隆介・佐藤 賢・田中竹延
2000
木津川断層系の古地震調査(第2次)―島ヶ原断層の最新活動時期と安政伊賀上野地震時の伊賀断層の変位量―(C14)(演旨)
日本地震学会講演予稿集
No.2
p.125.
5564
苅谷愛彦・宮地良典・水野清秀・川邊孝幸・井村隆介・藤田浩司・千葉達朗
2000
頓宮断層系の更新世後期以降の活動
日本地震学会講演予稿集
No.2
p.207.
7630
岡橋久世・吉川周作・三田村宗樹・兵藤政幸・内山 高・内山美恵子・原口 強
2001
鳥羽市相差の湿地堆積物中に見いだされた東海地震津波の痕跡とその古地磁気年代
第四紀研究
40, 3
p.193-202
PDF
8875
WIBBERLEY Christopher, UEHARA Shinichi, SHIMAMOTO Toshihiko
2002
Hydrodenamic controls on fault strength during rapid slip: laboratory constraints
Technical Note of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
234
p.367-373.
5430
廣瀬孝太郎・三田村宗樹・岡橋久世・吉川周作・原口 強
2002
鳥羽市相差の湿地堆積物に見出されるイベント堆積物と環境変遷その1
地球惑星科学関連学会2002年合同大会予稿集(CD-ROM)

S083-003
PDF
5834
廣瀬孝太郎・後藤敏一・三田村宗樹・岡橋久世・吉川周作
2002
鳥羽市相差の湿地堆積物に見出されたイベント堆積物と環境変遷
月刊地球
24, 10
p.692-697.
7810
WIBBERLEY Christopher A.J., SHIMAMOTO Toshihiko
2003
Internal structure and permeability of major strike-slip fault zones: the Median Tectonic Line in Mie Prefecture, Southwest Japan
Journal of Structural Geology
25
p.59-78
7545
三重県
2003
伊勢平野に関する地下構造調査
2003年活断層調査成果および堆積平野地下構造調査成果報告会予稿集

p.85-95
7584
丸山 正・林 愛明
2003
水系パターンと断層岩の組織構造から推定される紀伊半島東部中央構造線の横ずれインバージョン
日本地質学会第110年学術大会講演要旨

o-251
8925
地震調査研究推進本部地震調査委員会
2004
布引山地東縁断層帯の長期評価について
地震調査委員会報告集
2004.2
p.145-173.
PDF
8472
曽根大貴・嶋本利彦
2004
五ヶ所-安楽島構造線沿いの蛇紋岩断層帯における流体移動と摩擦特性
地球惑星科学関連学会2004年合同大会予稿集(CD-ROM)

J078-P016
PDF
9700
OKAHASHI Hisayo, YASUHARA Moriaki, MITAMURA Muneki, HIROSE Kotaro, YOSHIKAWA Shusaku
2005
Event deposits associated with tsunamis and their sedimentary structure in Holocene marsh deposits on the east coast of the Shima Peninsula, central Japan
Journal of Geosciences, Osaka City University
48, Art.9
p.143-158
9124
吉川周作・岡橋久世・三田村宗樹・廣瀬孝太郎
2005
三重県鳥羽市相差の完新世湿地堆積物のイベント層序(講演要旨)
歴史地震
20
p.105
PDF
9403
高橋和裕・高木秀雄
2005
断層破砕に伴うダメージゾーンの幅の評価
日本地質学会第112年学術大会講演要旨

p-93