活断層データベース 活断層関連文献検索

AIST logo産業技術総合研究所

検索語を入力して、検索ボタンをクリックしてください。 複数のボックスに検索語を入力することもできます。
検索結果表示後、検索ボックスに情報を追加することで絞り込むことが出来ます。

文献番号 完全一致検索
著者 完全一致検索
ワイルドカード( * / % )を使って部分一致検索を行う事も可能です。
  例1:「辻村」が著者に含まれる文献を検索する場合は「*辻村*」と入力。
  例2:「辻村」が筆頭著者の文献を検索する場合は「辻村*」と入力。
発行年 年〜 範囲検索
どちらか片方の入力でも検索可能です。
題名 部分一致検索
空白文字で区切ることで複数の検索語が入力可能です。
雑誌名 部分一致検索
空白文字で区切ることで複数の検索語が入力可能です。
巻・号 前方一致検索
ページ 部分一致検索
調査地情報 完全一致検索
20万分の1図幅名


66件 ヒットしました。


文献番号 著者 発行年 題名 雑誌名 巻・号 ページ 書誌情報と図表 調査地点 PDF CiNii
452
辻村太郎
1932
東北日本の断層盆地(上)
地理学評論
8, 9
p.641--658.
PDF
578
村田貞蔵
1941
山形県新庄盆地の形態学的研究
地理学評論
17, 6
p.464--483.
PDF
580
佐藤 久
1950
朝日・月山・鳥海の地形
出羽国立公園候補地学術調査報告

p.33--57.
577
杉村 新
1952
褶曲運動による地表の変形について
地震研究所彙報
30
p.163--178.
589
田口一雄・阿部正宏
1953
鳥海山東麓の石油地質と構造
岩石鉱物鉱床学会誌
37, 4
p.130--140.
PDF
456
FUJIWARA Kenzo
1959
Geomorphological development of the Kitakami Valley.
Sci. Rep. Tohoku Univ.
7th ser., 8
p.8--38.
573
北村 信
1959
東北地方における第三紀造山運動について―奥羽脊梁山脈を中心として―
東北大学理学部地質学古生物学教室研究邦文報告
49
p.1--98.
583
TAGUCHI, K.
1962
Basin architecture and its relation to the petroleum source rocks development in the region bordering Akita and Yamagata prefectures and the adjoining areas, with the special reference to the depositional environment of petroleum source rocks in Japan
Sci. Rep. Tohoku Univ.
3rd ser., 7
p.293--342.
574
小元久仁夫
1964
宮城県鬼首盆地の地形発達史
東北地理
16
p.61--70.
588
KATSUZAWA, A., Kim, C.
1966
On structural analysis of the Toridame fault
Jour. Mining Coll. Akita Univ.
4
p.35--51.
576
小西泰次郎
1966
秋田県横手盆地の水理地質学的研究
地質調査所報告
216
p.1--34.
575
田辺健一
1966
鬼首盆地南西縁の眉状断層崖
東北地理
18
136pp.
579
中川久夫・石田琢二・大池昭二・小野寺信吾・竹内貞子・七崎 修・松山 力・栂 恒雄
1971
新庄盆地の第四紀地殻変動
東北大学理学部地質学古生物学教室研究邦文報告
71
p.13--29.
581
宇井忠英
1972
鳥海火山中腹の断層崖と山麓に分布する火砕岩の成因
総合学術調査報告「鳥海山・飛島」

p.8--13.
374
中田 高・大槻憲四郎・今泉俊文
1976
東北地方の活断層の諸特徴
日本地理学会発表要旨集
11
p.138--139.
592
佐藤魂夫・中田 高・今泉俊文・大規憲四郎
1979
被害調査から推定される地震動の卓越方向と地震断層モデル―1976年7月5日鬼首地震―
地震 第2輯
32, 2
p.171--182.
PDF
500
大沢 ?・大口健志・高安泰助
1979
浅舞地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

53pp.
596
大沢 ?・大口健志・高安泰助
1979
湯沢地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

64pp.
4237
佐藤比呂志
1982
出羽丘陵の隆起モデルについて
構造地質研究会誌
27
p.109--121.
584
KUMAKI, Y.
1983
Geomorphic development and Quaternary tectonic movement in the Shinjo Basin, Tohoku district, Japan.
Bulletin of the Geographical Survey Institute
28
p.73--93.
444
大沢 ?・鯨岡 明・粟田泰夫
1985
羽後浜田地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

57pp.
591
栗駒地熱地域地質図編集グループ
1986
10万分の1栗駒地熱地域地質図説明書
特殊地質図
21-3
26pp.
585
佐藤比呂志
1986
東北地方中部地域(酒田−古川間)の新生代地質構造発達史(第I部)
東北大学理学部地質学古生物学教室研究邦文報告
88
p.1--32.
595
佐藤比呂志
1986
東北地方中部地域(酒田−古川間)の新生代地質構造発達史(第II部)
東北大学理学部地質学古生物学教室研究邦文報告
89
p.1--45.
594
山田営三
1986
鬼首カルデラ内および周辺の断裂系の発達過程
北村信教授記念地質学論文集

p.609--627.
587
大沢 ?・土谷信之・片平忠実
1986
清川地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

61pp.
593
鈴木康弘
1986
新庄・山形盆地の活構造と変位地形
日本第四紀学会講演要旨集
16
p.96--97.
531
深沢 浩
1988
出羽丘陵内部の活断層
日本地理学会発表要旨集
33
p.2--3.
586
大沢 ?・片平忠実・中野 俊・土谷信之・粟田泰夫
1988
矢島地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

87pp.
582
鈴木康弘
1988
新庄盆地・山形盆地の活構造と盆地発達過程
地理学評論
61A, 4
p.332--349.
PDF
463
WATANABE Mitsuhisa
1989
Complementary distributions of active faults and Quaternary volcanoes, and tectonic movements, along the volcanic front of Northeast Japan
Bulletin of the Department of Geography, University of Tokyo
21
p.37--74.
590
土谷信之
1989
大沢地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

85pp.
597
中野 俊・土谷信之
1992
鳥海山及び吹浦地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

138pp.
599
小松原 琢
1997
庄内堆積盆地東部の上部第四系とその地殻変動史
地質調査所月報
48, 10
p.537--565.
PDF
598
土谷信之・伊藤順一・関 陽児・巌谷敏光
1997
岩ヶ崎地域の地質
地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)

96pp.
4239
佐藤比呂志・八木浩司・池田安隆・今泉俊文・松多信尚・荻野スミ子・宮内崇裕・戸田 茂・平野信一・酒井隆太郎・井川 猛・新庄活断層研究グループ
1998
新庄盆地東縁断層系の反射法地震探査
地球惑星科学関連学会1998年合同大会予稿集

p.316.
601
山形県
1998
山形県活断層調査―庄内平野東縁断層帯,山形盆地断層帯,新庄盆地断層帯に関する調査―
第2回活断層調査成果報告会予稿集

p.221--224.
600
小松原 琢
1998
庄内堆積盆地東部における伏在断層の成長に伴う活褶曲の変形過程
地学雑誌
107, 3
p.368--389.
PDF
4240
八木浩司・澤 祥・平野信一・今泉俊文・宮内崇裕・佐藤比呂志・池田安隆
1998
山形・新庄盆地の活断層
地球惑星科学関連学会1998年合同大会予稿集

p.322--323.
4241
山形県
1999
山形県活断層調査―庄内平野東縁断層帯,山形盆地断層帯,新庄盆地断層帯に関する調査―
第3回活断層調査成果報告会予稿集

p.241--250.
4238
佐藤比呂志・平田 直
2000
内陸大規模地震の震源断層を探る
科学
70, 1
p.58--65.
4242
山形県
2000
山形県活断層調査―庄内平野東縁断層帯,山形盆地断層帯,新庄盆地断層帯に関する調査―
第4回活断層調査成果報告会予稿集

p.39--48.
6051
松浦旅人
2001
新庄盆地における中期更新世のテフラ層序と河成地形面の編年
季刊地理学
53, 1
p.48--49.
PDF
8845
地震調査研究推進本部地震調査委員会
2001
北上低地西縁断層帯の評価
地震調査委員会報告集
2001
p.631-655.
PDF
5369
地震調査研究推進本部地震調査委員会
2002
新庄盆地断層帯の評価
サイスモ
6, 8
p.8-10.
8855
地震調査研究推進本部地震調査委員会
2002
新庄盆地断層帯の評価
地震調査委員会報告集
2002
p.527-540.
PDF
7349
加藤直子・佐藤比呂志・小澤岳史・八木浩司
2003
反射法地震探査による新庄盆地活褶曲の地下構造
日本地震学会講演予稿集
No.2
B076.
7641
松浦旅人
2003
山形県新庄盆地西部に分布するFlexural-slip断層とその活動時期
活断層研究
23
p.29-36
PDF
7708
松浦旅人
2003
東北日本奥羽山脈における向町盆地の第四紀地殻変動
日本地理学会発表要旨集
64
p.190
PDF
8695
八木浩司・今泉俊文・楮原京子・佐藤比呂志
2004
新庄−山形盆地断層帯に関する変動地形学的研究 その(2) −変位基準面のテフロクロノロジー
日本地理学会発表要旨集
65
p.225.
PDF
8688
本多啓太
2004
東北地方、和賀川流域の河成段丘と地殻変動
日本地理学会発表要旨集
65
p.92.
PDF
8437
楮原京子・今泉俊文・八木浩司・佐藤比呂志
2004
新庄−山形断層帯の活構造
地球惑星科学関連学会2004年合同大会予稿集(CD-ROM)

J027-P007
PDF
8547
楮原京子・今泉俊文・八木浩司・佐藤比呂志
2004
尾花沢盆地(新庄−山形断層帯)における活断層露頭
活断層研究
24
p.49-52.
PDF
8687
楮原京子・今泉俊文・八木浩司・佐藤比呂志
2004
新庄−山形盆地断層帯に関する変動地形学的研究 その(1)
日本地理学会発表要旨集
65
p.91.
PDF
8713
楮原京子・今泉俊文・八木浩司・佐藤比呂志
2004
新庄−山形断層帯・尾花沢盆地における活断層露頭
日本地理学会発表要旨集
66
p.202.
PDF
9218
中島淳一・長谷川 昭・堀内茂木・吉本和生・吉田武義・海野徳仁
2005
長町―利府断層周辺の3次元地震波速度構造
月刊地球
号外50
p65-70
9835
佐藤比呂志・八木浩司・池田安隆・今泉俊文・荻野スミ子・宮内崇裕・戸田 茂・平野信一・松多信尚・越後智雄・田力正好・井川 猛・酒井隆太郎・新庄97反射法地震探査グループ
2006
新庄盆地東部活褶曲群を横切る浅層反射法地震探査
地震研究所彙報
81
p.157-169.
10283
松浦旅人
2006
新庄盆地の第四紀後期近く活動と地形発達―地域的隆起と逆断層運動の重合―
地理学評論
79, 1
p.39-52.
PDF
9820
楮原京子・今泉俊文・宮内崇裕・佐藤比呂志・内田拓馬・越後智雄・石山達也・松多信尚・岡田真介・池田安隆・戸田 茂・越谷 信・野田 賢・加藤 一・野田克也・三輪敦志・黒澤英樹・小坂英輝・野原 壯
2007
横手盆地東縁断層帯・千屋断層の形成過程と千屋丘陵の活構造
地学雑誌
115, 6
p.691-714.
PDF
10129
吉見雅行・遠田晋次・丸山 正
2008
2008年岩手・宮城内陸地震に伴う地震断層―最大右横ずれ量4−7mの荒砥沢ダム北方地震断層トレース
活断層研究
29
口絵i-ii
PDF
10131
石山達也・今泉俊文・越谷 信・杉戸信彦・堤 浩之・廣内大助・丸島直史
2008
2008年岩手宮城内陸地震で一関市?木立に出現した地表地震断層
活断層研究
29
口絵iv
PDF
10125
鈴木康弘・渡辺満久・中田 高・小岩直人・杉戸信彦・熊原康博・廣内大助・澤 祥・中村優太・丸島直史・島崎邦彦
2008
2008年岩手・宮城内陸地震に関わる活断層とその意義―一関市厳美町付近の調査速報―
活断層研究
29
p.25-34
PDF
10130
鈴木康弘・渡辺満久・中田 高・島崎邦彦
2008
?木立周辺における地震断層と活断層
活断層研究
29
口絵iii
PDF
10135
遠田晋次・丸山 正・吉見雅行・小俣雅志・郡谷順英・山崎 誠
2009
2008年岩手・宮城内陸地震の地震断層と地質境界断層との関係―岩手県一関市厳美町産女川沿いの断層露頭―
活断層研究
30
p.47-53
PDF
10132
丸山 正・遠田晋次・吉見雅行・小俣雅志
2009
2008年岩手・宮城内陸地震に伴う地震断層沿いの詳細地形―地震断層・変動地形調査における航空レーザ計測の有効性―
活断層研究
30
p.1-12
PDF
10133
松浦旅人・柳田 誠・佐藤 賢・市川清士
2009
長者原断層(新庄盆地断層帯)の最近の活動時期と変位量
活断層研究
30
p.13-25
PDF