日本の火山 > 火山灰データベースとは

火山灰データベースとは

火山灰データベースは、国内外の主要な噴火で噴出した火山灰の採取情報と、火山灰の顕微鏡画像、その時の火山活動状況等の情報を収録したデータベースです。収録した火山灰試料は、産総研の職員が採取したもの、もしくは提供され産総研が所有しているものです。日本で21世紀に発生したほぼ全ての主要な噴火の火山灰のほか、海外や20世紀以前・先史時代などより古い時代の試料も収録しています。収録データは随時更新されます。

更新履歴

  • 火山灰試料を追加しました(桜島,浅間山,鬼界カルデラ,姶良カルデラ).データを更新しました(伊豆大島)[ver. 1.4]
  • 火山灰試料を追加しました(桜島,焼岳,諏訪之瀬島).データを更新しました(富士山,伊豆大島)[ver. 1.3]
  • メインページ「トップ」「使い方」を修正しました[ver. 1.2]
  • データを修正しました(噴出地点) [ver. 1.1]
  • サイトを公開しました[ver. 1.0]
  • 知財管理番号:2022PRO-2811