日本の火山 > 活火山 > 1万年噴火イベントデータ集 > 霧島山

噴火イベントの認定基準
データの表記法
火山別噴火履歴表示

火山名 霧島山 きりしまやま(Kirishimayama)
火山ID 085
地域名 九州・沖縄
都道府県名
鹿児島/宮崎
標高 1700 m(韓国岳山頂) 緯度経度(世界測地系) 31°56′03″N 130°51′41″E
緯度経度(日本測地系) 31°55′51″N 130°51′50″E
火山の型式 成層火山,溶岩ドーム,火砕丘 主な岩石 安山岩,デイサイト
噴火イベント網羅度
過去1万年間の大規模な火砕噴火についてはほぼ網羅されていると考えられるが,小規模噴火や溶岩流を流出した噴火についてはより頻繁に生じていた可能性が高く,網羅できていない.

噴火イベントIDをクリックするとイベントの詳細が表示されます(*ka=1000年前,西暦2000年を0kaとする)
噴火イベントID
噴火イベント名
年代(ka)*
年代(西暦)
噴火様式 堆積物の種類 噴火M VEI
085-0010 2011年噴火(新燃岳)
-0.011
 
 
2011
 
 
マグマ水蒸気噴火→マグマ噴火→マグマ水蒸気噴火 降下火砕物,火砕流,火砕サージ,溶岩ドーム 3.8 3
085-0020 2010年噴火(新燃岳)
-0.01
 
 
2010
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物,火砕サージ
085-0030 2008年噴火(新燃岳)
-0.008
 
 
2008
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物 1.3 1
085-0040 1991-1992年噴火(新燃岳)
0.009
0.008
1991
1992
水蒸気噴火 降下火砕物 -0.6 0
085-0050 1971年噴火(手洗温泉)
0.029
 
 
1971
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物
085-0060 1959年噴火(新燃岳)
0.041
 
 
1959
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物 2.9 2
085-0070 1923年噴火(御鉢)
0.077
 
 
1923
 
 
マグマ噴火
085-0080 1913-1914年噴火(御鉢)
0.087
0.086
1913
1914
マグマ噴火 降下火砕物
085-0085 1913年噴火(御鉢)
0.087
 
 
1913
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0090 1903年噴火(御鉢)
0.097
 
 
1903
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0100 1899-1900年噴火(御鉢)
0.101
0.1
1899
1900
マグマ噴火 降下火砕物
085-0110 1898年噴火(御鉢)
0.102
 
 
1898
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0120 1897-1898年噴火(御鉢)
0.103
0.102
1897
1898
マグマ噴火 降下火砕物
085-0130 1895-1896年噴火(御鉢)
0.105
0.104
1895
1896
マグマ噴火 降下火砕物
085-0145 1893-1894年噴火(御鉢)
0.107
0.106
1893
1894
マグマ噴火 降下火砕物
085-0150 1891年噴火(御鉢)
0.109
 
 
1891
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0160 1889年噴火(御鉢)
0.111
 
 
1889
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0170 1888年噴火(御鉢)
0.102
 
 
1888
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0180 1887年噴火(御鉢)
0.103
 
 
1887
 
 
マグマ噴火
085-0190 1880年噴火(御鉢)
0.12
 
 
1880
 
 
マグマ噴火
085-0200 1832年噴火?
0.168
 
 
1832
 
 
085-0210 1822年噴火(新燃岳)
0.178
 
 
1822
 
 
水蒸気噴火→(泥流発生) ?→泥流
085-0220 1771-1772年噴火 (御鉢)
0.229
0.228
1771
1772
?,(泥流発生) 降下火砕物,泥流
085-0230 1768年噴火(韓国岳)
0.232
 
 
1768
 
 
水蒸気噴火,(山体崩壊) 降下火砕物,岩屑なだれ
085-0240 新燃岳-生駒テフラ噴火
0.283
←→
0.178
1717
←→
1822
マグマ噴火 降下火砕物→溶岩流 3 3
085-0250 1716-1717年噴火(新燃岳)(享保噴火)
0.284
0.283
1716
1717
水蒸気噴火,マグマ噴火,マグマ水蒸気噴火?,(泥流発生) 降下火砕物,火砕流,火砕サージ,泥流 4.3 4
085-0270 1706年噴火(御鉢)
0.294
 
 
1706
 
 
085-0280 1678年噴火(御鉢)
0.322
 
 
1678
 
 
085-0290 1677年噴火(御鉢)
0.323
 
 
1677
 
 
085-0300 1662-1664年噴火(御鉢)
0.338
0.336
1662
1664
085-0310 1659-1661年噴火(御鉢)
0.341
0.339
1659
1661
085-0312 高千穂河原テフラ11噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
マグマ噴火 降下火砕物 1.9 1
085-0313 高千穂河原テフラ10噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
マグマ噴火 降下火砕物 1.9 1
085-0314 高千穂河原テフラ9噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
マグマ噴火 降下火砕物 1.9 1
085-0315 高千穂河原テフラ8噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
水蒸気噴火→マグマ噴火 降下火砕物 2.7 2
085-0316 高千穂河原テフラ7噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
マグマ噴火 降下火砕物 1.9 1
085-0317 高千穂河原テフラ6噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
マグマ噴火 降下火砕物 1.9 1
085-0318 高千穂河原テフラ5噴火(御鉢)
0.35
←→
0.3
1650
←→
1700
水蒸気噴火→マグマ噴火 降下火砕物 1.9 1
085-0320 高千穂河原テフラ4噴火(御鉢)
0.35
 
 
1650
 
水蒸気噴火→マグマ噴火 降下火砕物 3.2 3
085-0330 1637-1638年噴火
0.363
0.362
1637
1638
085-0340 1628年噴火
0.372
 
 
1628
 
 
085-0345 1620年噴火(御鉢)
0.38
 
 
1620
 
 
085-0348 1617-1618年噴火(御鉢)
0.383
0.382
1617
1618
085-0350 1615-1616年噴火(御鉢)
0.385
0.384
1615
1616
085-0360 1613-1614年噴火(御鉢)
0.387
0.386
1613
1614
085-0370 1598-1600年噴火(御鉢)
0.402
0.4
1598
1600
085-0390 1588年噴火(御鉢)
0.412
 
 
1588
 
 
085-0400 1587年噴火(御鉢)
0.413
 
 
1587
 
 
085-0410 1585年噴火
0.415
 
 
1585
 
 
085-0420 1576-1578年噴火(御鉢)
0.424
0.422
1576
1578
085-0430 1574年噴火(御鉢)
0.426
 
 
1574
 
 
085-0440 1566年噴火(御鉢)
0.434
 
 
1566
 
 
085-0450 1554-1555年噴火 (御鉢)
0.446
0.445
1554
1555
085-0460 1524年噴火
0.476
 
 
1524
 
 
085-0470 Eb-B2噴火(硫黄山)
0.5
←→
0.3
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0480 高千穂河原テフラ3噴火 (御鉢)
0.65
←→
0.35
1350
←→
1650
マグマ噴火 降下火砕物 2.8 2
085-0490 高千穂河原テフラ2噴火 (御鉢)
0.65
 
 
1350
 
マグマ噴火 降下火砕物,溶岩流 2.9 2
085-0495 硫黄山火山噴火(硫黄山)
0.7
←→
0.3
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 2.9 -
085-0500 Eb-B1噴火(硫黄山)
0.7
←→
0.6
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物
085-0510 高千穂河原テフラ1噴火 (御鉢)
0.75
←→
0.65
1250
←→
1350
マグマ噴火 降下火砕物 3.5 3
085-0520 1235年噴火 (御鉢)
0.765
 
 
1235
 
 
マグマ噴火 降下火砕物,溶岩流,火砕流 4.4 4
085-0530 1184年噴火
0.816
 
 
1184
 
 
085-0540 1167年噴火(御鉢)
0.833
 
 
1167
 
 
085-0550 1113年噴火
0.887
 
 
1113
 
 
085-0560 1112年噴火(御鉢)
0.888
 
 
1112
 
 
085-0580 宮杉テフラ噴火(御鉢)
1.1
←→
0.9
900
←→
1100
マグマ噴火,水蒸気噴火 降下火砕物,溶岩流 4.3 3
085-0590 788年噴火(御鉢)
1.212
 
 
788
 
 
マグマ噴火 降下火砕物,溶岩流 4.1 3
085-0600 742年噴火(御鉢)
1.258
 
 
742
 
 
085-0610 荒襲テフラ噴火(御鉢)
1.3
 
 
700
 
マグマ噴火 降下火砕物 1.7 1
085-0620 Eb-C噴火(不動池)
1.4
←→
1.3
 
 
 
水蒸気噴火もしくはマグマ水蒸気噴火,(泥流発生) 降下火砕物,泥流
085-0622 新燃岳-新湯林道テフラA噴火(新燃岳)
2.3
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物 3 3
085-0624 両部池A溶岩噴火(新燃岳)
2.7
←→
2.3
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0626 新燃岳-新湯林道テフラB噴火(新燃岳)
2.7
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物 3 3
085-0628 両部池B溶岩噴火(新燃岳)
4.5
←→
2.3
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0660 Eb-D噴火(韓国岳)
4.5
←→
4.3
 
 
 
マグマ噴火,(山体崩壊) 降下火砕物,火砕流?,岩屑なだれ
085-0670 新燃岳-新湯テフラ噴火(新燃岳)
4.5
 
 
 
 
 
マグマ噴火,(泥流発生) 降下火砕物→火砕流→泥流 3.7 3
085-0675 両部池C溶岩群噴火(新燃岳)
4.5
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0678 Nd8-12溶岩噴火(中岳)
4.6
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流,溶岩ドーム -
085-0680 御池軽石噴火(御池)
4.6
 
 
 
 
 
マグマ噴火,マグマ水蒸気噴火 降下火砕物,火砕サージ 5.5 5
085-0700 Nk1-10噴火(中岳)
5.6
←→
1.212
 
 
 
マグマ噴火,水蒸気噴火 降下火砕物
085-0710 新燃岳-前山テフラ噴火(新燃岳)
5.6
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物 3.7 3
085-0720 高千穂峰溶岩II噴火(高千穂峰)
6.8
←→
5.6
 
 
 
マグマ噴火 溶岩ドーム 4.6 -
085-0730 皇子スコリア噴火(高千穂峰)
6.8
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物 3.4 3
085-0740 高千穂峰溶岩I噴火(高千穂峰)
6.9
←→
6.8
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 4.4 3
085-0750 望原火山灰噴火(高千穂峰)
6.9
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物 3.4 3
085-0760 大幡山Oy-1噴火(大幡山)
7
←→
6.5
 
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物 1 1
085-0770 大幡山Oy-2噴火(大幡山)
7
←→
6.5
 
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物 1 1
085-0780 大幡山Oy-3噴火(大幡山)
7.1
 
 
 
 
 
水蒸気噴火,マグマ噴火 降下火砕物,溶岩流 3.7 2
085-0790 Nd5・Nd6・Nd7溶岩噴火(中岳)
7.1
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流,溶岩ドーム -
085-0792 Eb-E噴火
7.1
 
 
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物
085-0795 小池噴火(小池)
7.3
←→
4.6
 
 
 
085-0800 牛のすね火山灰噴火(古高千穂峰)
7.6
7.1
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物,溶岩流 5.5 5
085-0810 大幡山Oy-4噴火(大幡山)
7.6
 
 
 
 
 
水蒸気噴火 降下火砕物 2 2
085-0820 不動池噴火(不動池)
12.8
←→
7.3
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流,降下火砕物 3.8
085-0840 武床溶岩噴火(新燃岳)
7.6
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0845 両部池D溶岩群噴火(新燃岳)
7.6
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0847 Nd3・Nd4溶岩噴火(中岳)
8.1
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0850 浦牟田スコリア・夏尾溶岩噴火(古高千穂峰)
8.1
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物→溶岩流 5.1 3
085-0860 Nd1・Nd2溶岩噴火(中岳)
8.1
 
 
 
 
マグマ噴火 溶岩流 -
085-0870 新燃岳-瀬田尾テフラ噴火(新燃岳)
10.4
 
 
 
 
 
マグマ噴火 降下火砕物 3.8 3
この火山に関する引用文献

関連するページへのリンク
第四紀の火山「霧島山」霧島火山地質図  

★ 日本地図から検索

★ 活火山リストから検索

★ 簡易検索

★ 詳細検索