最新更新日:2015年5月1日
English

3.5kHz SBP(サブボトムプロファイラー)は音波探査の一種で,航走する調査船から3.5kHz の音波を発信し,海底および海底下からの反射音によって連続的な地質断面イメージを得るシステムです.エアガン等に比べて高い周波数の音源を用いるため,海底下の探査深度は小さいが分解能が高いという特徴があります.このため海底表層付近の堆積作用や最近の断層活動の把握などに有効です.

使用装置はGH99航海以前は3.5 kHz SBP (Raytheon社),GH00航海以降はパラサウンド(Krupp Atras社)です.位置データの測地系はGH01航海以前は日本測地系(Tokyo Datum),GH02航海以降は世界測地系(WGS84)になっています.

記録画像の電子化は,独立行政法人 原子力安全基盤機構(JNES)からの委託研究「原子力安全基盤調査研究」の一部として実施されました.

このデータベースに収録されている全てのデータの著作権等の知的財産権は産業技術総合研究所が保有します.このデータベースのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス のもとに提供されています.

1.東北沖日本海(GH892-93)

2.能登半島周辺(GH882,884)

3.若狭湾周辺(GH872,874)

4.島根・鳥取沖(GH862,864)

5.東海沖(GH97)

6.熊野灘(GH822)

7.室戸岬沖(GH821)

8.高知〜宮崎沖(GH831,832)

9.九州南方(GH841,843)

10.九州および山口北方(GH852,854)

11.隠岐海峡(GH772,783)

12.西津軽海盆(GH763,773)

13.下北半島沖(GH823)

14.八戸沖(GH763)

15.釜石沖(GH811)

16.宮城・福島沖(GH812,813)

17.鹿島灘(GH803)

18.房総半島東方(GH802)

19.伊豆諸島東方(GH803S)

20.八丈島北東方(GH804)

21.相模灘(GH752)

22.紀伊水道(GH744,753)

23.北海道西方日本海(GH94,95,96,98,99)

24.北海道沖オホーツク海(GH784,00,01)

25.北海道南方(GH02-06)

 

A.オホーツク海および日本海北部(GH773)

B.日本海中部(GH782)

C.日本海西部および九州西方(GH772)

D.南西諸島周辺(GH751,755)

E.西南日本沖太平洋(GH754)

F.東日本沖太平洋(GH762)

G.伊豆小笠原周辺(GH792,793,794)

本データベースに用いた地形図はすべて,財団法人日本水路協会海洋情報研究センターのデジタル地形データ「JTOPO30」を使用して作成しています.