Version 1.0.4

摩周カルデラ 支笏カルデラ 洞爺カルデラ 濁川カルデラ 十和田カルデラ 姶良カルデラ 阿多カルデラ 池田カルデラ

大規模噴火データベース

本データベースでは,後期更新世以降(過去約13万年間)に発生した大規模噴火のうち,数10〜1,000 km3クラスの火砕物を噴出し,カルデラ形成を伴った噴火を対象に,その噴出物の特徴,噴火推移,長期・短期的前駆活動,後カルデラ活動をまとめています.カルデラ形成を伴う大規模噴火では,火砕流や降下テフラ等により,火山周辺地域から数1,000km離れた地域まで被害が発生する可能性があります.このため,大規模噴火の推移,長期・短期的前駆活動は,近年多くの分野で注目されています.大規模噴火の推移,数万年程度の長期的前駆活動・数千年〜数年程度の短期的前駆活動には,多様性が認められ,その詳細を明らかにし,大規模噴火の総合的理解を深めるためには,複数の火山の事例について比較検討することが重要です.そのため,産総研地質調査総合センターでは,複数の火山の事例について比較検討するため,統一的な基準でデータを収録した大規模噴火データベースの構築を進めています.

編集体制

全体管理
宝田晋治・金田泰明・池上郁彦・下司信夫
データ編集担当
金田泰明・西野佑紀・宝田晋治・下司信夫
システム開発設計
池上郁彦・金田泰明・宝田晋治

更新履歴

2022.08.15
Ver. 1.0.4 十和田カルデラを更新.阿多カルデラのカルデラ形状を修正.
2022.07.29
Ver. 1.0.3 十和田カルデラ,洞爺カルデラを更新.
2022.07.22
Ver. 1.0.2 十和田カルデラを更新.
2022.07.19
Ver. 1.0.1 十和田カルデラの記載を追加.
2022.07.15
Ver. 1.0.0 公開

閲覧の動作確認環境

  • Windows 10 Pro 21H2 & Google Chrome 99.0.4844.82
  • Mac OS 12.2.1 & Google Chrome 99.0.4844.74

参考資料

  • 金田泰明・後藤義瑛・西野佑紀・宝田晋治・下司信夫(2020)支笏・洞爺・濁川・大山火山の大規模噴火の前駆活動と噴火推移.産総研地質調査総合センター研究資料集. no. 699, 産総研地質調査総合センター, 75p.
  • 金田泰明・宝田晋治・下司信夫 (2021) 屈斜路・三瓶・鬼界・十和田・鬱陵島・白頭山火山の大規模噴火の前駆活動と噴火推移. 地質調査総合センター研究資料集, no. 728, 産総研地質調査総合センター, 100p.
  • 西野佑紀・宝田晋治・下司信夫(2019)姶良・鬼界・阿多・屈斜路・十和田・摩周・池田火山の大規模噴火の前駆活動と噴火推移.産総研地質調査総合センター研究資料集. no. 680, 産総研地質調査総合センター, 126p.

使用データ

収録データについて

「大規模噴火データベース」に登録されているデータは,これまでの多数の調査研究結果を基に編集の上作成しています. 内容の正確性については,可能な限り確認を行っておりますが,新しい研究結果,データの瑕疵等が判明した場合は,適宜修正を行っていく予定です. 本データベースのデータや図の詳細については【こちら】をご覧ください.

引用例

  • 産業技術総合研究所地質調査総合センター (編) (2022) 大規模噴火データベース.産総研地質調査総合センタ−. ( https://gbank.gsj.jp/volcano/ledb/ )
  • Geological Survey of Japan, AIST (ed.) (2022) Large-volume Eruption Database. Geological Survey of Japan, AIST. ( https://gbank.gsj.jp/volcano/ledb/ )

ライセンス

政府標準利用規約第2.0 版 (https://www.gsj.jp/license/)が適用されます.ただし,論文,報告書等の図表に関しては,各出版元への利用許諾が必要です.

免責事項

産業技術総合研究所地質調査総合センターは 本データの利用によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます.あくまでも利用者の自己責任においてご利用下さい

問い合わせ先

研究進展等によるものなど修正点にお気付きの方,ご質問やその他のご意見は,こちらの【お問い合わせフォーム】からお願いします.