不透明度:
陰影なし
陰影あり

凡例
地質地盤図の凡例 地質図上でクリックすると,その地点のカテゴリー値(地質区分)を確認できます.

都市域の地質地盤図 説明書
千葉県北部地域


※地質図および背景図について
この地図の作成に当たっては,国土地理院長の承認を得て,同院発行の基盤地図情報を使用した.(承認番号 平27情使,第896号)
本システムの背景図には,同院提供の地理院地図を利用した(利用規約).
基準ボーリングデータ(赤)
露頭柱状図(ピンク)
※地質図および背景図について
この地図の作成に当たっては,国土地理院長の承認を得て,同院発行の基盤地図情報を使用した.(承認番号 平27情使,第896号)
本システムの背景図には,同院提供の地理院地図を利用した(利用規約).
閲覧方法
閲覧したい矩形領域をクリックすることで,立体図の表示やダウンロードを行えます.

※小縮尺モデル(大きい矩形領域のモデル)の表示では,地下は下総層群のみ表示されます.
※大縮尺モデルに表示される柱状図の凡例はこちら

凡例
地質地盤図の凡例
※地質図および背景図について
この地図の作成に当たっては,国土地理院長の承認を得て,同院発行の基盤地図情報を使用した.(承認番号 平27情使,第896号)
本システムの背景図には,同院提供の地理院地図を利用した(利用規約).
始点・終点
始点の座標(経度,緯度)
(, )
終点の座標(経度,緯度)
(, )



その他
断面図の上端標高 
断面図の下端標高 
高さ強調 

使い方
1.地図上の赤線の両端を移動して,
    断面図の作成位置を指定します.
2.断面図の上端標高,下端標高,
    と高さの強調を選択します.
3.「作成」ボタンを押します.

※海域の断面図は作成されません.
※断面図作成には1分ほどかかります.
※測線は赤枠内に設定してください.


※地質図および背景図について
この地図の作成に当たっては,国土地理院長の承認を得て,同院発行の基盤地図情報を使用した.(承認番号 平27情使,第896号)
本システムの背景図には,同院提供の地理院地図を利用した(利用規約).