シームレス地質図

シームレス地質図
使い方

基本的な操作

地図をドラッグして移動したり,マウスホイールや右下の+/-ボタンで拡大・縮小ができます.拡大はダブルクリックでも行えます.

地質情報の表示

地図上をクリック(タップ)すると,その位置にマーカと地質情報を表示します.
(デスクトップPCではマウス直下の地質情報が常に右下の情報ボックスに表示されます)

操作ボタン

画面左上のツールボタンを使って設定やツールの実行が行えます.

地図の設定地図の設定

背景地図を以下から選択します.

標準地図 (国土地理院)
国土地理院地理院タイル(標準地図)
高速化のために複製したものを使用しているため,さらに複製する場合には国土地理院の長の承認を得なければなりません.
「この地図は、国土地理院長の承認を得て,同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第18号)」
また,ズームレベル5-8では以下のデータも使用しています. 「The bathymetric contours are derived from those contained within the GEBCO Digital Atlas, published by the BODC on behalf of IOC and IHO (2003) (http://www.gebco.net) 海上保安庁許可第222510号(水路業務法第25条に基づく類似刊行物)」
写真 (国土地理院)
国土地理院地理院タイル(写真)
ズームレベル5~12ではLandsat8画像(GSI,TSIC,GEO Grid/AIST)及び海底地形(GEBCO)のデータを使用しています.
白地図 (国土地理院)
国土地理院地理院タイル(白地図)
陰影図
北西方向,仰角60度の光源による陰影図
陰影図の描画には,国土地理院地理院タイル(標高タイル)を利用しています.
背景地図なし

地質図の設定地質図の設定

表示する地質図の選択
地質図の凡例の詳しさを,基本版(凡例数:194, 凡例画像)と詳細版(凡例数:386,凡例画像1凡例画像2)から選択します.
不透明度の変更
地質図の不透明度(0~100%)を指定します.
地質単元の選択
チェックボックスを使って,任意の地質単元の表示・非表示を切り替えることができます.なお,各地質単元は6つのグループに分類されており,グループ毎に設定することもできます.
地質境界・凡例番号の表示
断層・地質境界線(撓曲を含む)や,凡例番号の表示・非表示を切り替えることができます.なお,これらは地質図を拡大しないと表示されません.
断層・地質境界線の凡例
断層・地質境界線の凡例

火山と活断層の表示火山と活断層の表示

火山(日本の火山産業技術総合研究所地質調査総合センター)や活断層(活断層データベース, 産業技術総合研究所地質調査総合センター)を表示します.地図上に表示された火山アイコンや活断層のラインをクリック(タップ)すると,その説明が表示され元データベースへジャンプすることもできます.

地名検索地名検索

市町村名,地名などで検索します.緯度・経度(カンマ区切り)を指定することもできます.
この地名検索では,CSISシンプルジオコーディング実験街区レベル位置参照情報)を利用しています.

その他の操作その他の操作

この地質図のURLを取得この地質図のURLを取得

URLを表示するダイアログボックスが表示されます.このURLは,その時点での地質図の表示状態を保存しており, コピー&ペーストしてメール等で友人などに知らせることができます.

現在地の取得現在地の取得

現在位置のマーカを地図上に表示します.一度選択すると右上に選択中を示すアイコンが点滅し,継続的に位置を測定します.右上のアイコンをクリックすると測定を停止し,もう一度クリックすると地図上のマーカを削除します.

表示画面の保存表示画面の保存

現在表示されている画面をファイル(PNG, KMZ, HTML)に保存します.背景(地図や航空写真)を含むか否かを選択できます.HTML(ポータブルマップ)は,画像データや表示するJavaScriptなどを単独HTMLファイルに埋め込んだものです(iOSは非対応です).

すべての設定を初期化すべての設定を初期化

表示を初期状態に戻します.

シームレス地質図の詳しい説明はこちら→