統合版地質文献データベース go to English ver.

キーワードを入力して下さい。



データ全て
講演要旨・会議要旨のみ
講演要旨・会議要旨を除く

ヒット件数66件中、1件~66件

1  RYAN J.G. ! SHERVAIS J.W. ! LI Y. ! REAGAN M.K. ! LI H.Y. ! HEATON D. ! GODARD M. ! KIRCHENBAUR M. ! WHATTAM S.A. ! PEARCE J.A. ! CHAPMAN T. ! NELSON W. ! PRYTULAK J. ! SHIMIZU K. ! PETRONOTIS K. ! the IODP Expedition 352 Scientific Team(2017),Application of a handheld X-ray fluorescence spectrometer for real-time, high-density quantitative analysis of drilled igneous rocks and sediments during IODP Expedition 352,Chemical Geology (online),451,,55-66,Elsevier B.V.,DOI

2  安藤 佑介!河野 重範!小松 俊文!二井谷 茉美(2016),長崎県南島原市に分布する更新統大江層の十脚類相,化石研究会会誌,48,1,16-25,化石研究会

3  本山 功!菊地 雅哉!八木 浩司(2014),2013年7月の集中豪雨により山形県大江町で発生した斜面変動,山形応用地質,,34,21-28,山形応用地質研究会

4  奈良 禎太!大江 悠真!村田 澄彦!石田 毅!金子 勝比古(2014),周辺環境の変化を考慮した岩石のサブクリティカルき裂進展に基づく長期強度の評価,材料,63,3,212-218,日本材料学会,DOI

5  大江 健太郎!太田 亨(2014),タイ北東部に分布するコラート層群の全岩化学組成を用いた後背地および古環境解析(ポスターセッション)(演旨),日本地質学会第121年学術大会講演要旨,,,250-250,日本地質学会

6  二井谷 茉美!小松 俊文!DICK Matthew H.(2013),島原半島南部に分布する更新統大江層より産出するコケムシ化石(ポスターセッション)(演旨),日本古生物学会年会講演予稿集,2013,,61-61,日本古生物学会

7  田久 勉!田山 聡!大江 伸司!福間 敏夫(2013),2012年8月近畿豪雨による京滋パイパス土石流災害の分析,地盤工学会誌,61,9,22-25, 61-61,地盤工学会

8  中橋 文夫!池田 正宙!大塚 長将!小原 直也!鈴木 ひかる!中村 優太!樋引 翔太(2012),山陰海岸ジオパークマネジメントプランの基礎調査と課題の整理(ポスターセッション)(演旨),山陰海岸ジオパーク国際学術会議「湯村会議」要旨集,,,52-53,山陰海岸ジオパーク国際学術会議「湯村会議」実行委員会

9  大友 幸子!横山 一己!星野 大(2010),山形県大江町月布川流域の花崗岩類(P-50)(ポスターセッション)(演旨),日本地質学会第117年学術大会講演要旨,,,198-198,日本地質学会,DOI

10  田島 俊彦(2010),南島原市南有馬町原城天草丸大江貝層の化石貝類,長崎県地学会誌,,74,1-10,長崎県地学会

11  木村 健志!田村 友紀夫!横田 修一郎(2009),島根県中部,馬路高山~矢滝城山地域における大江高山火山噴出物の岩相分布とそれに関連した斜面運動,島根大学地球資源環境学研究報告,,28,11-25,島根大学総合理工学部地球資源環境学教室,島根大学学術情報リポジトリFull Text,,[位置情報].35.152721,132.508072,35.021339,132.304489

12  狩野 彰宏!IODP Expedition 307乗船研究員(2005),深海サンゴ礁を追え(P-67)(ポスターセッション)(演旨),日本地質学会第112年学術大会講演要旨,,,241-241,日本地質学会

13  永井 淳也!永島 晴夫!山内 靖喜!大平 寛人(2005),山陰地域に分布する江津層群および大江高山火山群のFT年代(演旨) ,フィッション・トラックニュースレター,,18,13-17,日本フィッション・トラック研究会

14  WANG Jie ! NAKAZATO Tetsuya ! SAKANISHI Kinya ! YAMADA Osamu ! TAO Hiroaki ! SAITO Ikuo(2004),Microwave digestion with HNO3/H2O2 mixture at high temperatures for determination of trace elements in coal by ICP-OES and ICP-MS,Analytica Chimica Acta,514,1,115-124,Elsevier B.V.,DOI

15  檀崎 祐悦!我妻 和明(2003),誘導結合プラズマ発光分析法のためのルテニウム合金試料の溶液化,分析化学,52,11,1047-1052,日本分析学会,DOI

16  DANZAKI Yuetsu! WAGATSUMA Kazuaki(2001),Effect of acid concentrations on the excitation temperature for vanadium ionic lines in inductively coupled plasma-optical emission spectrometry,Analytica Chimica Acta,447,1/2,171-177,Elsevier Science B.V.,DOI

17  鹿野 和彦!宝田 晋治!牧本 博!土谷 信之!豊 遙秋(2001),温泉津及び江津地域の地質,地域地質研究報告(5万分の1地質図幅),12 Okayama,36/37,129,1 sheet,地質調査所,Map Preview,Map Preview(EN),,[位置情報].35.169007,132.497476,35.001729,132.183591

18  山内 靖喜!水野 篤行!井上 多津男!永島 晴夫(2000),都野津層と大江高山火山噴出物,日本地質学会第107年学術大会見学旅行案内書, , ,71-79,日本地質学会第107年学術大会準備委員会

19  HOU Hong-Bing!NARASAKI Hisatake(1998),Determination of Antimony in River Water by Hydride Generation ICP-OES,Atomic Spectroscopy,19,1,23-35,Perkin-Elmer

20  梅田 真樹!竹村 静夫!鈴木 茂之(1997),京都府北部大江地域の舞鶴層群下・中部層からのペルム紀放散虫化石,大阪微化石研究会誌,特別号!放散虫研究集会論文集(第5回), ,10,41-46,大阪微化石研究会

21  長沢 一雄!小山田 正幸(1996),山形県大江町の上部中新統本郷層産のオウナガイ化石とその変異,山形県立博物館研究報告, ,18,21-32,山形県立博物館

22  早坂 康隆!谷本 達彦(1995),岡山県新見-足立地域大江山オフィオライトのSm-Nd年令(演旨),日本地質学会西日本支部会報, ,107,22-22,日本地質学会西日本支部

23  長沢 一雄(1995),山形県大江町上部中新統産のヒゲ鯨類下顎骨化石の再検討,山形県立博物館研究報告, ,16,31-38,山形県立博物館

24  池田 圭一!早坂 康隆(1994),京都府北部舞鶴帯北帯夜久野岩類のRb-Sr年代,岩鉱,89,12,454-464,日本岩石鉱物鉱床学会,DOI

25  早坂 康隆!谷本 達彦(1993),新見-足立-東城地域の大江山オフィオライトの岩石及び地質構造(演旨),日本地質学会第100年学術大会講演要旨, , ,477-477,日本地質学会

26  池田 圭一!早坂 康隆(1992),京都府北部大江地域夜久野北帯の岩石及び地質構造,日本地質学会西日本支部会報, ,101,1-2,日本地質学会西日本支部

27  大江 文雄(1990),中新世の魚類相--海水魚類の変遷--,瑞浪市化石博物館専報!日本の新生代生物相--時空分布と系統を中心に--, ,7,25-59,瑞浪市化石博物館

28  KOJIMA Shoji ! SUGAKI Asahiko(1989),Stable isotope compositions of some vein minerals from the Oe mine, southwestern Hokkaido, Japan,Journal of Mineralogy, Petrology and Economic Geology,84,10,362-373,Japanese Association of Mineralogists, Petrologists and Economic Geologists,DOI

29  大江 文雄!松岡 広繁(1989),一志層群から産出したサバ科魚類サワラScombermorus Sp.の下顎骨,化石の友!知多半島の化石, ,34,17-23,東海化石趣味の会!東海化石研究会

30  NAKANO Takanori!YIN Jianhua!KAJIWARA Yoshimichi!FUJII Takashi(1988),A method for the analysis of rock samples by ICP-OES,Annual Report of the Institute of Geoscience, the University of Tsukuba, ,14,78-80,Institute of Geoscience, the University of Tsukuba

31  稲垣 博一!大江 文雄!増渕 和夫(1987),多摩丘陵更新統下部(上総層群柿生層)から産出した魚類耳石,化石の友, ,31,24-32,東海化石趣味の会!東海化石研究会

32  都野津団研グループ(1983),島根県中部の都野津層と大江高山火山群,地団研専報!日本の鮮新・更新統, ,25,151-160,地学団体研究会,,[位置情報].35.148392,132.539566,34.957397,132.247177

33  小島 晶二!苣木 浅彦(1983),北海道大江鉱山産石筍状菱マンガン鉱について,岩石鉱物鉱床学会誌,78,12,491-496,日本岩石鉱物鉱床学会,DOI

34  渡辺 一徳!益田 悦郎(1983),いわゆる中位段丘堆積物としての小串層及び大江層について,熊本大学教育学部紀要 自然科学, ,32,29-37,熊本大学教育学部,,[位置情報].32.532391,130.213867,32.482464,130.137436

35  木村 政昭!笠原 順三!麻植 誠二郎(1982),噴火活動に対する巨大地震の力学的影響の二次元有限要素法モデル--東北日本--,地学雑誌,91,4,217-238,東京地学協会,DOI

36  渡辺 一徳(1982),阿蘇火砕流堆積物と大江層との層序関係,熊本大学教育学部紀要 自然科学, ,31,25-32,熊本大学教育学部,,[位置情報].32.653687,130.279831,32.612972,130.217499

37  渡辺 一徳(1982),阿蘇火砕流堆積物と大江層との層序関係,熊本大学教育学部紀要 自然科学, ,31,25-32,熊本大学教育学部,,[位置情報].32.686416,130.328046,32.570250,130.150274

38  麻植 誠二郎!木村 政昭!笠原 順三(1981),巨大地震の発生と火山活動−−有限要素法を用いた考察−−(演旨),地震学会講演予稿集春季大会,1981,1,46-46,地震学会

39  HIRANO Masataka ! NOTSU Kenji ! ONUMA Naoki(1980),Rapid Simulaneous 17 Elements Analysis of Some yamato Meteorites by Icp-Oes,Memoirs of National Institute of Polar Research, Special Issue ! Proceedings of the Fifth Symposium on Antarctic Meteorites, ,17,152-158,National Institute of Polar Research

40  小島 昌二!苣木 浅彦(1980),北海道大江,稲倉石両鉱山産菱マンガン鉱の化学組成について,鉱物学雑誌,14,special issue 3,27-38,日本鉱物学会

41  塚田 靖!宇野 智(1980),大江鉱山,鉱床母岩の変質について,鉱山地質,30,2,63-72,日本鉱山地質学会,DOI,[位置情報].43.198884,140.768359,43.114318,140.601209

42  宇野 泰光(1979),島根県大田市祖式〜大家地域の都野津層群,とくに大江高山火砕岩層について--都野津層群の研究(その2),地質学雑誌,85,6,239-257,日本地質学会,DOI,[位置情報].35.093747,132.457380,34.996927,132.378060

43  HONMA Hisahide ! OKAMURA Saburo(1976),Lead Content of Barite from Oe Mine, Hokkaido,Mining Geology,25,6,397-400,Society of Mining Geologists of Japan

44  OSAKI Susumu(1973),Carbon and oxygen isotopic compositions of hydrothermal rhodochrosites from Oe, Inakuraishi and Jokoku mines, Hokkaido, Japan,Geochemical Journal,6,4,151-162,Geochemical Society of Japan,DOI

45  福間 進(1972),大江高山火山地域の層序学的・古地磁気学的研究,地質学雑誌,78,8,381-391,日本地質学会,DOI,[位置情報].35.134221,132.476560,35.018161,132.364220

46  松丸 国照(1972),埼玉県大宮付近の地盤地質と地盤地質構造,埼玉大学紀要 数学・自然科学(抜刷),21,,25-32,埼玉大学教育学部,,[位置情報].36.000717,139.750931,35.833706,139.500366

47  都野津団体研究グループ(1972),島根県大田市大家付近の都野津層群,三位秀夫博士遺稿・論文選集, , ,17-24,地学団体研究会,,[位置情報].35.081867,132.462670,35.015287,132.371070

48  加治 敦次!石原 侑(1971),美郷村の青石の分布について,郷土研究発表会紀要!総合学術調査報告 麻植パイロット開拓地帯, ,17,51-52,阿波学会!徳島県立図書館

49  OTSUKA Hiroyuki(1970),A Fossil Deer from the Late Pleistocene Oe Formation, Kyushu,Reports of the Faculty of Science, Kagoshima University (Earth Sciences andBiology),,3,29-33,Faculty of Science, Kagoshima University

50  土居 繁雄!長谷川 潔!山岸 宏光(1968),大江地区の地質および鉱床(予報)--主要鉱物開発促進調査報告 第2報1--,北海道立地下資源調査所報告, ,38,59-63,北海道立地下資源調査所,,[位置情報].43.132858,140.708399,43.074671,140.586539

51  牛沢 信人(1968),大江鉱床の金・銀とくに銀および銀鉱物の存在状態について,北海道鉱山学会誌,24,3,86-94,北海道鉱山学会誌

52  野呂 俊一!小山田 昌之!河野 純一(1967),大江鉱山,日本鉱業会誌,83,956,1714-1716,日本鉱業会

53  浦島 幸世!佐藤 寿一(1967),大江鉱床の硬石膏と石膏,北海道鉱山学会誌,23,6,171-178,北海道鉱山学会誌

54  浦島 幸世!佐藤 寿一!河野 純一(1967),大江鉱床のパイロクスマンガン石・磁鉄鉱・磁硫鉄鉱をふくむ鉱石,鉱山地質,17,4,228-238,日本鉱山地質学会,DOI

55  浦島 幸世!佐藤 寿一!河野 純一(1967),大江鉱床の含金鉱石,鉱山地質,17,6,328-339,日本鉱山地質学会,DOI

56  長谷川 潔!竹林 勇(1966),大江地区試すい調査報告--主要鉱物開発促進調査報告 第2報2--,北海道立地下資源調査所報告,,38,65-67,北海道立地下資源調査所

57  太田垣 亨(1961),北海道大江鉱山付近の地質鉱床(3)--主として富鉱部形成の規制について--,鉱山地質,11,4,491-500,日本鉱山地質学会,DOI

58  日本鉱産誌編纂委員会(1960),西南日本(西半部)の含炭地--麻植含炭地--,日本鉱産誌BV-a--主として燃料となる鉱石-石炭---, , ,540-541,地質調査所,,[位置情報].34.082460,134.403862,34.044720,134.345492

59  太田垣 亨(1960),北海道大江鉱山付近の地質鉱床(2)--主として鉱床胚胎の場について--,鉱山地質,10,6,359-368,日本鉱山地質学会,DOI,[位置情報].43.172466,140.703934,43.075550,140.561050

60  NAKAZAWA keiji(1958),The Triassic System in the Maizuru Zone, Southwest Japan,Memoirs of the College of Science, University of Kyoto, Series B, Geology and Mineralogy,24,4,265-313,University of Kyoto,,[位置情報].35.510361,135.513535,35.343666,135.145035

61  中沢 圭二!野上 裕生(1958),京都府大江町川西附近の中・古生層--舞鶴地帯の層序と構造(その6)--,地質学雑誌,64,749,68-77,日本地質学会,DOI,[位置情報].35.397316,135.148788,35.346127,135.058151

62  中沢 圭二!志岐 常正(1958),京都府大江町河東附近の中・古生層--舞鶴地帯の層序と構造(その5)--,地質学雑誌,64,749,57-67,日本地質学会,DOI,[位置情報].35.369675,135.191910,35.345474,135.142914

63  大江 二郎(1951),愛知県山口附近蛙目粘土調査概報,地質調査所月報,2,1,24-25,地質調査所,Full Text

64  大江 二郎(1951),三重県島ヶ原附近木節粘土及び蛙目粘土調査報告,地質調査所月報,2,4/5,239-244,地質調査所,Full Text,,[位置情報].34.797897,136.174194,34.676956,135.986786

65  大江 二郎(1951),愛知県大畑八草附近木節粘土調査報告,地質調査所月報,2,2,90-95,地質調査所,Full Text

66  大江 二郎(1926),輝安鑛の結晶構造(第一報),地質学雑誌,33,392,pl.4-pl.4, 187-204,東京地質学会,DOI