地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

東南極のリュツォ・ホルム岩体を含む世界の大陸衝突型造山帯に産出するグラニュライトに見出された「珪長岩包有物」の造構論的意味(演旨)

論文題名(英語)=Tectonic significance of “felsite inclusions” found in granulites from continental collision orogens worldwide, including the Lützow-Holm Complex of East Antarctica (abs.)

著者(日本語)=廣井 美邦!柳 綾彦!加藤 睦実!小林 記之!プレーム バーナード!外田 智千!サティッシュ-クマール M. !石川 正弘!本吉 洋一!白石 和行

著者(英語)=HIROI Yoshikuni ! YANAGI Ayahiko ! KATO Mutsumi ! KOBAYASHI Tomoyuki ! PRAME Bernard ! HOKADA Tomokazu ! SATISH-KUMAR M. ! ISHIKAWA Masahiro ! MOTOYOSHI Yoichi ! SHIRAISHI Kazuyuki

資料名(日本語)=極域科学・宙空圏・気水圏・地学・生物・南極隕石シンポジウム講演予稿集(CD-ROM)

資料名(英語)=Third Symposium on Polar Science, the 36th Symposium on Space and Upper Atmospheric Sciences, the 35th Symposium on Polar Meteorology and Glaciology, the 32st Symposium on Polar Geosciences, the 34rd Symposium on Polar Biology, the 35th Symposium on Antarctic Meteorites (CD-ROM)

出版国=日本

巻=2012

頁=GO019

発行年=2012

発行者(日本語)=国立極地研究所

発行者(英語)=National Institute of Polar Research

論文の言語区分=JA

アブストラクトの言語区分=EN

資料の種類=SE!CO

縮尺=0

ID=201310175