地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

琵琶湖高島沖ボーリング試料中の生物源シリカ含有率から推定される過去約12万年間の高分解能古気候変動(R20-P-13)(ポスターセッション)(演旨)

論文題名(英語)=Paleoclimatic changes during last 120kyrs inferred from biogenic silica content record of Takashima-oki drilling core, Lake Biwa, Japan (R20-P-13)(poster session)(abs.)

著者(日本語)=根上 裕成!中西 俊貴!喜岡 新!井内 美郎

著者(英語)=NEGAMI Hiroshige ! NAKANISHI Toshiki ! KIOKA Arata ! INOUCHI Yoshio

資料名(日本語)=日本地質学会第119年学術大会講演要旨

資料名(英語)=Abstracts, the 119th Annual Meeting of the Geological Society of Japan

出版国=日本

頁=293-293

発行年=2012

発行者(日本語)=日本地質学会

発行者(英語)=Geological Society of Japan

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ISSN番号=13483935

縮尺=0

ID=201211023