地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

2009年2月2日浅間山噴火に伴う量的降灰予測--気象レーダーにより観測された噴煙エコー頂高度の利用--(演旨)

論文題名(英語)=Quantitative Tephra Fall Prediction of the Eruption at Asama Volcano on 1 February 2009: Using Observation Data of the Eruption Cloud Echo Height by Weather Radar(abs.)

著者(日本語)=新堀 敏基!福井 敬一!橋本 明弘!山里 平

著者(英語)=SHIMBORI Toshiki! FUKUI Keiichi ! HASHIMOTO Akihiro ! YAMASATO Hitoshi

資料名(日本語)=日本火山学会講演予稿集

資料名(英語)=Programme and Abstracts, the Volcanological Society of Japan

出版国=日本

巻=2009

頁=79-79

発行年=2009

発行者(日本語)=日本火山学会

発行者(英語)=Volcanological Society of Japan

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ID=201060079