地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

2006年千島列島沖地震の余震活動の時空間変化とストレス変化--アウターライズ地震の前駆すべりの可能性--

論文題名(英語)=On- and Off-fault Aftershocks of the 2006 Kuril Island Subduction Earthquake Toggled by a Slow Slip Preceding the 2007 Great Outer-rise Normal Faulting Earthquake

著者(日本語)=統計数理研究所!産業技術総合研究所活断層研究センター!尾形 良彦!遠田 晋次

著者(英語)=Institute of Statistical Mathematics ! Active Fault Research Center, AIST

資料名(日本語)=地震予知連絡会会報

資料名(英語)=Report of the Coordinating Committee for Earthquake Prediction

出版国=日本

巻=80

頁=562-567

発行年=2008

発行者(日本語)=国土地理院

発行者(英語)=Geographical Survey Institute

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE

ISSN番号=02888408

ID=200810609