地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

正のクーロン破壊応力変化が大地震の発生を遅らせる可能性(A31-12)(演旨)

論文題名(英語)=Possible delay of a large earthquake by a positive Coulomb-failure stress change(A31-12)(abs.)

著者(日本語)=長 郁夫!桑原 保人

著者(英語)=CHO Ikuo ! KUWAHARA Yasuto

資料名(日本語)=日本地震学会講演予稿集秋季大会

資料名(英語)=Programme and Abstracts, the Seismological Society of Japan, Fall Meeting

出版国=日本

巻=2007

頁=29-29

発行年=2007

発行者(日本語)=日本地震学会

発行者(英語)=Seismological Society of Japan

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ID=200740646