地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

文化財保全プロセスの初期段階における新旧地形情報の利活用−−沖縄県西表島の天然記念物「古見のサキシマスオウノキ群落」を例として−−(演旨)

論文題名(英語)=Applications of current and historical topographical information in the initial phases of the protection of cultural assets. A case study of a Komi-Sakishimasuounoki plant community, a protected species on Iriomote Island, Taketomi, Yaeyama, Okinawa (abs.)

著者(日本語)=福塚 康三郎!飯島 康夫!田代 仁!嵩原 智昭

著者(英語)=FUKUZUKA Kozaburo ! IIJIMA Yasuo ! TASHIRO Hitoshi ! TAKEHARA Tomoaki

資料名(日本語)=日本応用地質学会研究発表会講演論文集

出版国=日本

巻=2007

頁=87-88

発行年=2007

発行者(日本語)=日本応用地質学会

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ID=200734780