地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

福岡県北九州市黒崎城跡(遺跡)における完新世中期以降の環境変遷−−特に縄文時代の“礫積み遺構”について−−(ポスターセッション)(演旨)

論文題名(英語)=Environmental change since the Middle Holocene at Kurosaki Castle Site in Kitakyushu City, Fukuoka Prefecture, Southwest Japan, with a special reference to a remnant build by piled gravels in Jomon period(poster session)(abs.)

著者(日本語)=野井 英明!太田 泰弘!梅崎 恵司

著者(英語)=NOI Hideaki ! OTA Yasuhiro ! UMEZAKI Keiji

資料名(日本語)=日本第四紀学会講演要旨集

資料名(英語)=Programme and Abstracts, Japan Association for Quaternary Research

出版国=日本

巻=36

頁=144-145

発行年=2006

発行者(日本語)=日本第四紀学会

発行者(英語)=Japan Association for Quaternary Research

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ID=200651017