地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

福岡県西方沖の余震活動について:最大余震(M5.8)以前に報告された相対的静穏化と余震域をストレスシャドウにするような前駆すべりのシナリオ

論文題名(英語)=Relative quiescence reported before the occurrence of the largest aftershock (M5.8) in the aftershocks of the 2005 earthquake of M7.0 at the western Fukuoka, Kyushu, and possible scenarios of precursory slips considered for the stress-shadow covering the aftershock area

著者(日本語)=統計数理研究所!尾形 良彦

著者(英語)=Institute of Statistical Mathematics ! OGATA Yoshihiko

資料名(日本語)=地震予知連絡会会報

資料名(英語)=Report of the Coordinating Committee for Earthquake Prediction

出版国=日本

巻=74

頁=529-535

発行年=2005

発行者(日本語)=国土地理院

発行者(英語)=Geographical Survey Institute

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE

ISSN番号=02888408

ID=200527958