地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

地震波の最大振幅の距離減衰および主要動継続時間の増大--マルコフ近似法に基づく理論エンベロープによる解釈--(A59)(演旨)

論文題名(英語)=Decrease of the peak amplitude and the envelope broadening of seismograms with travel distance: Interpretation by the theoretical envelopes predicted by the Markov approximation method (A59) (abs.)

著者(日本語)=斉藤 竜彦!佐藤 春夫!大竹 政和!小原 一成

著者(英語)=SAITO Tatsuhiko ! SATO Haruo ! OHTAKE Masakazu ! OBARA Kazushige

資料名(日本語)=日本地震学会講演予稿集秋季大会

資料名(英語)=Programme and Abstracts, the Seismological Society of Japan, Fall Meeting

出版国=日本

巻=2002

頁=64-64

発行年=2002

発行者(日本語)=日本地震学会

発行者(英語)=Seismological Society of Japan

論文の言語区分=JA

資料の種類=CO!SE

ID=200210594