地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

フィリピン海スラブ沈み込みの境界条件としての東海・南海巨大地震--史料地震学による概要--

論文題名(英語)=Great Tokai and Nankai, Japan, Earthquakes as Boundary Conditions for the Philippine Sea Slab: Review from Historical Seismology

著者(日本語)=石橋 克彦

著者(英語)=ISHIBASHI Katsuhiko

資料名(日本語)=フィリピン海スラブの沈み込みと島弧・背弧の地球物理!京都大学防災研究所研究集会(一般)13K-7報告書

資料名(英語)=Physics of Arc and Backarc Associated with the Subduction of the Philippine Sea Plate ! Proceedings of Meeting 13K-7, DPRI, Kyoto University

出版国=日本

頁=37995

発行年=2002

発行者(日本語)=京都大学防災研究所

発行者(英語)=Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University

論文の言語区分=JA

アブストラクトの言語区分=EN!JA

資料の種類=RE

ID=200205732