地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

環境指標としてのコケムシ骨格同位体比の有効性--ODP Leg 182:グレートオーストラリア湾を例に--(演旨)

論文題名(英語)=Can bryozoan isotopes be used as a paleoceanographic proxy?: results from the Great Australian Bight, ODP Leg 182 (abs.)

著者(日本語)=町山 栄章!山田 努!兼子 尚知!井龍 康文!小田原 啓!浅海 竜司!松田 博貴!馬渡 駿輔!BONE Yvonne!JAMES Noel P.

著者(英語)=MACHIYAMA Hideaki ! YAMADA Tsutomu ! KANEKO Naotomo ! IRYUU Yasufumi ! ODAWARA Kei ! ASAMI Rryuji ! MATSUDA Hiroki ! MAWATARI Shunsuke ! BONE Yvonne ! JAMES Noel P.

資料名(日本語)=日本地質学会第108年学術大会講演要旨

資料名(英語)=Abstracts, the 108th Annual Meeting of the Geological Society of Japan

出版国=日本

頁=70-70

発行年=2001

発行者(日本語)=日本地質学会

発行者(英語)=Geological Society of Japan

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ID=200111406