地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

降雨により群発した天然ダムの形成と決壊に関する事例研究--十津川災害(1889)と有田川災害(1953)の比較--

論文題名(英語)=Study of Formation and Collapse of Many Landslide Dams Caused by Heavy Rain - Totsu-Kawa Hazard (1889) and Arida-Kawa Hazard (1953) -

著者(日本語)=田畑 茂清!井上 公夫!早川 智也!佐野 史織

著者(英語)=TABATA Shigekiyo ! INOUE Kimio ! HAYAKAWA Tomoya ! SANO Shiori

資料名(日本語)=十津川災害111周年記念集会--斜面災害発生場所予測に向けて--

資料名(英語)=111th Memorial Conference of Totsugawa Disaster - For the Spatial Prediction of Landslide -

出版国=日本

頁=18-28

発行年=2000

発行者(日本語)=千木良 雅弘(京都大学防災研究所)

発行者(英語)=CHIGIRA Masahiro (Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University)

論文の言語区分=JA

アブストラクトの言語区分=EN

資料の種類=CO!RE

ID=200101594