地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

阿武隈変成帯の地質構造--”阿武隈構造帯(ASB)”の新提唱--Bruchtektonik-Schollenbewegungの典型例

論文題名(英語)="Bruchtektonik-Schollenbewegung" of the Abukuma metamorphic terrain, NE. Japan - A good example -

著者(日本語)=ヴァリスカン造山運動研究グループ!渡邉 順!島崎 伸一!法山 清久!杉山 新平!嶋岡 博!内山 幸二!船岡 宏行!杉江 裕!井口 隆!緒方 達!高畑 裕之!平川 勇!町田 隆史!土屋 篁!許 成基!森 裕!永田 秀尚!楢戸 敬一郎!山根 誠!田中 柔!矢野 隆明!池田 優典

著者(英語)=Variscan Orogeny Researching Group (VORG)

資料名(日本語)=VORG論文集:阿武隈・北上山地の地質構造発達史

資料名(英語)=Selected Articles of Variscan Orogeny Researching Group: The Geologic Development of the Abukuma and Kitakami Moutains

出版国=日本

頁=479-498

発行年=1999

発行者(日本語)=ヴァリスカン造山運動研究グループ(VORG),札幌

発行者(英語)=Variscan Orogeny Researching Group, Sapporo

論文の言語区分=JA

アブストラクトの言語区分=EN

資料の種類=BO

地図表示国=日本

地図名(日本語)=阿武隈山地の地体構造発達史図(The Abean Tectonic Map of the Abukuma Mts.)

地図の種類1=地質図

縮尺=500000

矩形範囲情報(左下緯度)=36.52840

矩形範囲情報(左下経度)=140.00496

矩形範囲情報(右上緯度)=37.96315

矩形範囲情報(右上経度)=141.04248

ID=199907553