地質文献データベース [(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター編]

東北日本の後期中生代火成活動と構造区分--特に,棚倉構造線の経緯と今日的意義--(演旨)

論文題名(英語)=Late Mesozioc igneous activities and tectonic divisions of Northeast Japan - with specialreference to some details and significance of today on the Tanakura Tectonic Line - (abs.)

著者(日本語)=丸山 孝彦

著者(英語)=MARUYAMA Takahiko

資料名(日本語)=地学団体研究会総会シンポジウム要旨集

資料名(英語)=Abstracts, Annual Meeting of the Association for the Geological Collaboration in Japan

出版国=日本

号=46

頁=85-97

発行年=1992

発行者(日本語)=地学団体研究会

発行者(英語)=Association for the Geological Collaboration in Japan

論文の言語区分=JA

資料の種類=SE!CO

ID=199203853